FC2ブログ

「アンティーク家具と暮らす」5

20190418_132828s-.jpg

 先日友人と二人で、Mさんのお宅に「お茶にどうぞ」と誘って頂いてお邪魔させていただきました。
数年前に新築して以来インテリアにとても熱心な友人のKさんと二人で、Mさんに誘っていただくのは今回で2度目です。

Mさん宅は、気取らず気負わず好きなものだけを暮らしに取り入れて、クレマチスにいらっしゃる皆さんが「素敵な家具だけどうちには似合わないかな」と憧れて眺めている家具を、さらりと暮らしに溶け込ませてしまう暮らし上手なお宅です。

20190418_133007s-.jpg


今回はKさんも私も、あの大きくて象嵌やミラーがたくさんあしらわれている重厚なキャビネットがどんな風に暮らしの中で収まっているのか、見せて頂きたかったのです。
そして、白いドアを開けて「さあ、どうぞ」と通して頂くと、「あら、この家具こんなに小さかったの」と、思わずしげしげ眺めてしまいました。柔らかな陽ざしを受けて、優しく佇むキャビネット。クレマチスの一番奥の部屋で、存在感たっぷりだったあのキャビネットとは思えない柔らかな印象です。

20190418_133739s-.jpg

ご主人が気に入って下さったこのドローリーフダイニングテーブルセットも反対側にテレビ台として設置されたホールテーブルもバルボスの脚をもつ、彫り物が特徴的なオーク材の家具です。象嵌たっぷりのローズウッド材のキャビネットとどんな風に空間を作っていらっしゃるのかと、kさんは思っていたと思います。
私は、配送の時にすでに『前からいた家具さん達の中にすっと溶け込んでいく』のを目の当たりにしてはいたのです。ですが、運びこんだばかりの様子しかわからないので、「あの空間でお茶を頂ける」という事でとても楽しみにしていました。

20190418_133957s-.jpg

どこを見回しても、物が収まる場所を与えられて、すっきりと清潔な印象です。
「小物一つ一つにも役割と住所が与えられている」のです。
差し色も工夫されています。キャビネットの上にはゴールドとコバルトのマイセン、左にミューラーランプの藍色の風景文と真鍮の金色。左には兜飾りの紫の組紐と金の屏風。テーブルの上には淡い紫のスミレの刺繡のテーブルセンター。その上に薄い紫色が彩色されたスノーボールテーブルウエアが。

「四角の形の家具やテレビ、絵画が並び、硬い印象の所には、丸い形の可愛いピンクのキャニスターを並べて柔らかな雰囲気をプラスしてるんですよ。」とMさん。
「ああ、本当に!」「優しい印象になってますね!」と、私たち二人納得です。

20190418_134955s-.jpg

20190418_134719s-.jpg

上の2枚の写真は、ピアノのあるお部屋。ピアノはグランドピアノなのでたっぷりと場所を取ってしまいますが、テーブルやミラーやチェアなど、お気に入りの可愛い家具や小物を配置して優しい雰囲気の落ち着くマイコーナーを作ってみえました。

20190418_135048s-.jpg

 天井にはクレマチスの入口でお客様をお迎えしていた天使さんが、優しい灯りを捧げています。この天使さんを天井に取り付けるのにご主人が3時間かけ、12月24日のイブの夕方に間に合ったと伺っていました。この部屋の天井は2段になっていて取付けが難しかったそうなんです。

どこのお部屋もどの場所も、居心地よく気持ちが和らいで、アンティークの物がたくさんあるのに圧迫感がなくて自然な感じでした。
「どう暮らすかはどう生きるかということ」なのだと改めて思いました。
ご自分たちの好きなものを大切に、毎日を丁寧に暮らす。愛着のわくものだけをゆっくりと選んで使う。
 
毎日の普段の暮らしを大切にすることは、自分を、そして共に暮らす家族を大切に暮らすことなのだと、Mさんご夫婦を思い浮かべながら思います。

帰り際に「ピアノを聴いて行って!あまり練習できてないけど。」と言ってもう一度ピアノ室に入れて頂きました。
優しいゆったりした耳に心地良いベートーベンでした。
気取らず気負わず、自分をしっかり持っている優しさ。Mさんの人柄が音色にも表れていました。


連休のお知らせと春の庭

20190414_124852s-.jpg

 春の連休のお知らせ
4月30日(火)・5月1日(水)・5月2日(木)をお休みさせていただきます。日・月曜日の定休日と合わせて

  4月28日(日)~5月2日(木)まで連休とさせていただきたいと思います。5月3日(金)・4日(土)は営業します。

20190414_124750s-.jpg

春先の目まぐるしく変わるジェットコースターのような寒暖差で、春の庭を楽しむゆとりのないままに4月も中旬になってしまいました。年々庭仕事に労力を注げなくなり、昨年秋に芝生の一部(雑草が特にひどくはびこってしまう部分)を石張りに変えました。
実際に力仕事を頑張ったのは主人で、私は口出しだけですが!
冬の寒い寒い日に植えた小さな勿忘草の苗が大株に育って、スッキリとしてしまった庭の正面が優しい雰囲気になりました。

20190414_125132s-.jpg

昨秋に植えたジューンベリーの頼りない細い枝先で、白く優しい小さな花が咲きだしました。この場所は、かつてエゴの木が大きく育って、下向きに可憐に咲く白い花がびっしりと咲いて青空に映えて美しかったのです。数年前に突然枯れて、植木屋さんに診てもらったら「カミキリの幼虫ですね」という事でした。
この場所に白い小さな花が咲く木が欲しいとずっと思いつつも、また枯れてしまうのではとそのままになっていたのです。

ジューンベリーの細い枝先には、白い優しい花の陰で柔らかで小さな緑の芽が開く準備をしています。
やはり植えて良かった!

20190415_110403s-.jpg

20190415_110143s-.jpg

先月3月で15才になったMDのリリーも春の風の匂いをかぐのが大好きです。もっともこの子はいつでも隙あらば庭に一緒に出たいのですけれど。

20190415_110052s-.jpg
20190415_094435s-.jpg

本当に手をかけてない東屋の裏側でもギボーシ(ホスタ)が元気に伸びだしました。
お休みの間に少しは頑張って庭の手入れをしようと思います。ついついやり過ぎて、疲れ過ぎないように気を付けながらですが。植物の瑞々しい生命力に元気を頂きながら。


  

「新着フェア」開催中の店内

20190313_121908s-.jpg

 「春の新着フェア」にたくさんの方にご来店頂いています。

 穏やかな暖かい日差しが心地よい午後、買って頂いた家具のことやランプのこと、ご家族の反応などを嬉しそうに語ってくださるお客様とお話できるのは本当に楽しい時間です。一緒に暮らすペットの猫ちゃんやワンこさんのことにまで話が盛り上がったり。
 
でも、何組かのお客様がほぼ同時にいらっしゃる時もあります。
もうすでにご来店になり、じっくり見ていただき、お伝えしたい家具の状態のことなどもお伝えして決定ということで、お引き取りにいらした若いご夫婦や、大切な大切なものを収めたい家具を見つけにいらした、やはり若いご夫婦。あるいは、ずっとホームページで見ていたお気に入りの可愛く素敵な家具を、今回初めて見にいらした若い女性。
どの方たちとも、ゆっくりお話しを伺いながら対応したいのですが、なかなかそれが出来ずにおろおろしてしまいます。

20190313_121624s-.jpg

昨日は、家具の引き取りにきてくれた私の友人が、初めていらしたお客様にお話を聞いたり、プライスカードを探したりとスタッフさんになってくれてました!

20190313_121654s-.jpg

まだ少し迷っていらっしゃる昨日の若いお客様、お気に入りのアンティーク家具が暮らしの中に一つあると、どんなに気持ちが安らぎ優しい気持ちになるか実感していただけたらと思います。そして、「この素敵な家具さんとこれからいい時間を紡いでいこう」というちょっと誇らしいような豊かな気持ちになって頂けると思います。

「今回は家具はいいけど」という方も、ドールハウス田島ひとみさんの「兜飾り」をぜひゆっくり見にいらして下さいね。

『春の新着フェア』のお知らせ

3月12日火曜日から『春の新着フェア』を致します。

DM.jpg

新着家具を含め、店内の商品を10~30% offにて販売させて頂きます。

又ドールハウスの田島ひとみさんの「兜飾り展」も同時開催いたします!

2G5A5319_s-.jpg

2G5A5320_s-.jpg

2G5A5327_s-.jpg

今回の「兜飾り」は、大変見ごたえのある武将シリーズです。

2G5A5326_s-.jpg

2G5A5325_s-.jpg

2G5A5324_s-.jpg

「ドールハウス」のイメージを変えてくれる凛々しく素敵な「兜飾り」です。
是非、見にいらして下さい。

新着家具のご紹介2

20190301_131536s-.jpg

3段の落ち着いた雰囲気のチェストが届きました。
ダークな色も好きですが、このチェストのような栗色のオーク材の家具はどんなお部屋にも馴染みやすくコーディネートしやすいと思います。

20190301_131453s-.jpg
天板下に施された彫りもお洒落ですし、真鍮の持ち手のブラリもとても綺麗です。
20190301_131517s-.jpg
物を収納するという本来の機能を十分果たした上で、お部屋の印象をガラリと変えてくれる上質な家具です。洋風にも和風にも上に飾るもので印象も変わります。「楽しく、素敵に、すっきり清潔に暮らす」ための心強い味方になってくれると思います。

20190301_123339s-_20190303123202835.jpg

このキャビネットは、家具の雰囲気を楽しんで頂く、「毎日の暮らしを豊かな気持ちにしてくれる家具」だと思います。
アンティーク家具には、すべてそういった力がありますが。

20190301_132030s-.jpg

とくにこういった手のかかった美しい家具は、絵画などを眺めている時のように「素敵だな。毎日眺められて幸せだな」と、幸福感に満たされたりもします。

ちょっと写真が上手く撮れていなくて、マホガニーのコックリとした深い落ち着いたダークブラウンがわかって頂けないのが残念ですが、ぜひ店内でご覧になっていただけたらと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード