黒い森・アルザス紀行―フライブルクとトリベルク編

CIMG5687_convert_20140507025032.jpg

ドイツでは、残業をすると有給が増えるという制度があります。「40時間も残業しちゃったから有給が5日増えたよ!」とクリスが言うので、え?そんなにいつも遅く帰って来てた?と思ったら、「今年の一月から換算して」でした。ちなみに最近の彼は朝の10時過ぎに出勤して、夕方の4時半や5時には帰って来て、わたしと一緒にお買い物に行ったりご飯を作ったり…それでも「やるべきこと」は片付いているらしく、上司からは「模範的な働き方」と褒められているんだとか。ドイツってホントに緩くていいなぁ。

というわけで、増えた有給消化のために、急遽三泊四日のドライブ旅行に出かけてきました!
ドライブ旅行なので、いつも犬ホテルでお留守番のグスタフも今回は一緒です!

CIMG5684_convert_20140507031333.jpg

これまで住んでいたミュンスターやベルリンは地の利の面ではとても不便で、特にベルリンは、首都なのに、東西ベルリンの時代から変わらない「陸の孤島」然としたアクセスの悪さがありましたが、それに引き換え、フランクフルトは地元に巨大空港があるだけでなく、車でちょっと走るだけで、ドイツのあらゆる地域にアクセス可能。数時間でフランスにも行けます。

今回は、ドイツ南西部にあるバーデン・ヴュルテンベルク州に行ってきました。この辺りには、日本でも「ドイツの黒い森」として知られている(かもしれない)シュヴァルツヴァルトがあります。そして、その黒い森の向こうには、現在ではフランス領アルザス地方の中心都市となっているストラスブール、旧ドイツ領エルザスのシュトラスブルクがあります。

ところで黒い森がなぜ「黒い森」と言われるのかというと…ドイツというのは、北部よりも南部の方が基本的に標高が高くなっています。北部は平地か湿地帯が多く、生えている樹木も落葉広葉樹が主なので、この地方の森は春夏は明るい黄緑、秋は赤や黄色、冬は葉が落ちて雪で真っ白…というように年中カラフルに見えます。北部に特に多いのが白樺で、幹まで白いので余計にカラフルに見えます。一方、標高の高い南部に多いのがモミの木を中心とした針葉樹で、年中こんな感じです。

CIMG5642_convert_20140507024410.jpg

モミの木の葉色は限りなく黒に近い深緑で、年中葉が茂っているので森の中は下草が生えづらく、針葉樹の腐葉土と松ぼっくりのような実が転がっているだけで、昼間でも真っ暗に見えます。北部ドイツから来て初めて南部の針葉樹林帯を見ると、本当に「黒い森だ!」と思うわけです。

ところで、わたしは愛知県出身ですが、両親が信州(長野)に小さな別荘を持っていて、子供の頃は毎年夏休み・春休み・冬休みをそこで過ごしていました。なので信州は第二の故郷のように感じているのですが、ドイツの黒い森の風景はこの信州の風景によく似ていて、黒い森の中のログハウスホテルはまるで故郷に帰ったように居心地がよかったです。

CIMG5665_convert_20140507024528.jpg

CIMG5676_convert_20140507024628.jpg

ちなみにこのホテルにはサウナとプールがあり、時間帯に因るのか、わたしたちが使う時はいつも誰もいなくて貸し切り状態でした。もちろん、サウナは衣類着用厳禁のドイツ式ですよ!このホテル、ごく普通の民宿風ホテルなのですが、妙に居心地がよくて、スタッフも南ドイツらしく人懐こくて感じがいいのでお勧めです。Salmenという名前です。…あ、でも近辺でユーレイさんが出ます←

今回最初の街はフライブルクです。

CIMG5678_convert_20140507024722.jpg

フライブルクはドイツの中小都市にはよくある大学都市で、以前住んでいたノルトライン・ヴェストファーレン州(ドイツ北西部)の同じく大学都市、ミュンスターによく似た雰囲気です。

CIMG5681_convert_20140507024828.jpg

でも、人の気質としては、南ドイツらしく、人懐こくて親切、北西ドイツの旧プロイセン天領ミュンスターの悪名高い「ミュンスター気質」とは大違いです。ミュンスター人の感じ悪さは有名で、あのベルリン人でさえ、「ミュンスター人と同じ電車には乗りたくない」と言うほどです。

CIMG5685_convert_20140507024919.jpg

また、フライブルクといえば、一昔前、「環境先進都市」ということで日本の社会科の教科書にも載っていたのではないでしょうか。確か、ごみの分別とか、今ではどこの先進国でも当たり前に取り入れている環境対策をいち早く始めた都市だったとか。

ごく普通の典型的なドイツの地方都市ですが、ドイツらしい美しい町並みと親切な地元人…ということで、留学生として、初めてこの街を訪れた学生さんならきっと感動すると思います。

次の街はトリベルクです。

CIMG5689_convert_20140507025141.jpg

こちらは黒い森のど真ん中、山間の街です。フライブルクにいると、遠くに山と森が見えるのでなんとなく黒い森地方にいるなぁ…と感じる程度ですが、このトリベルクは山道をずっと奥深く行った先にあるので、「森の奥深くに入り込んだぞ!」というのがよくわかります。

この街には、「ドイツで最も高い滝」とされるトリベルク滝があります。
以前、ここに来たことのある日本人の知人から「日本の滝に比べたら全然しょぼいし、がっかりするよ」と言われていましたが、クリスがどうしても行きたいようなので、行くことにしました。…といってもどーせ山道を運転するのはクリスですが←
行ってみたら、思いがけず、ちゃんとした滝でした。

CIMG5690_convert_20140507025357.jpg

日本で知人がどんな滝を見てきたのかは知りませんが、これだったら全然しょぼくないのではないでしょうか。

CIMG5702_convert_20140507025753.jpg

しかも滝の周りは遊歩道になっていて、歩いてみたら、これが結構距離も傾斜も迫力もあって本格的なハイキングになりました。

CIMG5703_convert_20140507025617.jpg

猟犬のグスタフはまさに水に入った魚、険しい山道を駆け上がったり、何かの動物の巣になっているらしい洞穴に入り込んだり。

CIMG5701_convert_20140507025500.jpg

ドイツでは、ダックスフントのことを通称「ヴァルディー(森の子)」と言うのですが、それはこの犬種が元々森で暮らす猟師の犬だったから。森を走り回るグスタフを見て、ドイツの子供たちが「ヴァルディーだ!」と嬉しそうに声をかけていました。

CIMG5709_convert_20140507025844.jpg

このトリベルクが、今回の旅行で意外にも一番楽しい場所でした。ちなみにここはドイツ土産の鳩時計の生産地でもあり、そこらじゅうで手作りの鳩時計が売られています。原語では鳩時計は実は鳩ではなく「カッコウ時計」なんですが、現地では「民芸品」というよりも「伝統工芸品」扱いなので結構高いです。…もちろんお土産用に安いプラスチック製のものも売られていますが…。

伝統工芸品があり、典型的な黒い森地方の街並みが見られ、自然散策もできる観光地としては申し分ないトリベルクですが、何故か日本ではほとんど知られていないようでちょっと残念。反面、レストランなども観光地プライスではなく、地元の人たちが利用しているものが多く、安くて美味しいです。公共交通機関でも来られるようなので、是非、日本の方にも来ていただきたいです。

(アルザス編に続く)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ツェツィーリエン・ホーフ

行ってきました!
…と言っても、ご存知の方は少ないかもしれませんが、第二次世界大戦末期の日本に対するポツダム宣言が採択された場所…と言えば、「あー」と思っていただけるかも?ポツダムの観光地といえば、隣のサン・スーシ宮殿が有名過ぎて影が薄いですが、このツェツィーリエン・ホーフは、プロイセン王朝末期の歴史と第二次世界大戦末期の歴史という、二つのドイツ帝国の終末の歴史を同時に辿る事ができる、なかなか興味深い場所でもあります。

外観はこんな感じ・・・

CIMG5327_convert_20131118184259.jpg

なんだか日本にある「英国村」を彷彿とさせますが、実際、この建物は、最後のドイツ皇帝ヴィルヘルム二世の母が英国出身だったのに因み、ドイツの建築家たちによって英国風に建てられたのだそうです。

さて、こちらが最初に案内される部屋。19世紀末期から20世紀初頭、ドイツ帝国が崩壊するまでプロイセン王家の人々が生活したそのままの姿で残されているそうです。暖炉の前にいくつか並んだ陶製の火鉢は当時のロシア王朝からの贈り物だそうですが、この半世紀後にここがロシア軍に占領され、この建物で、ドイツの運命が決められることになるとは、なんとも皮肉なことです。

CIMG5333_convert_20131118184539.jpg

ちなみにここは「宮殿」(パラスト)ではなく「皇居」(ホーフ)なので、全体的に質素で日常的な感じです。

CIMG5336_convert_20131118184639.jpg

こちらは王妃の書斎です。ここの家具が、質素ながら良く見るとなんとも豪勢なんですが、やはりここも、どことなくイギリス風です。

CIMG5337_convert_20131118184735.jpg

館内には他にも王妃が集めていたというKPMのフィギュアがあちこちに置かれています。

CIMG5357_convert_20131118185429.jpg

このイギリス出身の王妃様、イギリスらしい洗練されたセンスの持ち主だったようですが、彼女のイギリス風の自由な発想が息子であるヴィルヘルム二世のプロイセン的な軍国主義と相容れず、晩年は実の息子と仲たがいしてしまうのだそうです。

そしてここが、有名なポツダム会談の開かれた場所。

CIMG5339_convert_20131118184835.jpg

ここで、終戦後のドイツや日本の運命が決められました。会談当時のままの姿で残されています。

CIMG5343_convert_20131118190034.jpg

ソ連のスターリン、イギリスのチャーチル、アメリカのトルーマンの署名です。

CIMG5349_convert_20131118185005.jpg

ちなみに、この大広間の階段がすごいのです。ヴィルヘルム二世の趣味らしいのですが、元家具職人で、階段も作っていたクリスにとってはこの階段が三巨頭のサイン以上に興味深かったようです。

CIMG5351_convert_20131118185114.jpg

こちらはポツダム会談時のイギリスの首相チャーチルが滞在した部屋です。アメリカのトルーマンの部屋に比べて暗く、落ち着いた雰囲気です。

CIMG5353_convert_20131118185220.jpg

そしてこちらがアメリカ大統領トルーマンの部屋です。

CIMG5354_convert_20131118185305.jpg

この部屋で、原爆投下についての計画も練られたそうです。

CIMG5356_convert_20131118185350.jpg

さて、このツェツィーリエン・ホーフについて、ちょっと気になったのが、観光客の殆どがロシア人と中国人と英語を話す人たちだということです。特にロシア人と中国人の率が、他の観光地と比べてとても高いのです。戦勝国の人たちにとってはこの場所は思い入れが深いのかもしれません。庭園の石柱などには当時のロシア軍人のものと思われるロシア語の落書きも見られます。

CIMG5329_convert_20131118184404.jpg

日本人にとってはあまりに馴染みの深いポツダム宣言の地でありながら、日本人観光客の姿は一人も見かけませんでしたが、日本からポツダムに来る場合、大体ベルリンに宿を取って電車で日帰りという行程が一般的なため、隣のサン・スーシに時間をとられ、ツェツィーリエンは「まぁいいや。」となってしまうのかもしれません。

でも、意外と知られていませんが、このツェツィーリエン・ホーフ内の一部は現在ではホテルとして使われており、普通に観光客が宿泊できるのです。ポツダム会談にでも参加するつもりでここで一泊…というのも悪くないかもしれません。

ちなみに、ポツダムはベルリンに比べて街も綺麗だし古きよきプロイセンの雰囲気も残っていますが、古き悪きプロイセンも残っている…つまり、住人たち未だに19世紀のプロイセン人から進化しておらず、排外主義的で高慢で人を見下したような態度を平気で取る人たちが多いのだとか。なので、ポツダムに出かける際は街中に宿を取るよりも宮廷内でのんびりする方が楽しめるかもしれません。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

アーヘンの街

先週、わたしたちが住んでいるミュンスターと同じ州にある街、アーヘンにちょっとした日帰り旅行に行ってきました。もちろん、クリスも一緒です。小さな街なんですが、実はこの街、世界遺産が二つもあるんです。街の中心部にある大聖堂と、ゴシック様式の市庁舎です。

こちらがその大聖堂。
CIMG1280_convert_20100928042537[1]
創建したのは、1200年前にこの街を創始した中世ヨーロッパの支配者、フランク王国のカール大帝です。以後、30人の神聖ローマ皇帝がこの教会で戴冠式を行いました。

CIMG1276_convert_20100928042241[1]
教会の中は、大迫力のステンドグラスと圧巻のモザイク壁画で覆われています。

周辺の街並みもなかなか素敵です。
CIMG1268_convert_20100928041202[1]

CIMG1269_convert_20100928041504[1]

この教会の裏に、もう一つの世界遺産、ゴシック様式の市庁舎があります。
CIMG1282_convert_20100928042829[1]
ここは、14世紀にカロリング朝の皇帝居城として建てられました。
以前、「ドイツでは婚姻届を出すのに市庁舎(市役所)で人前式を執り行わないと受理してもらえない」と書きましたが、「市役所で人前式なんて、できるの?」と思われたかもしれません。でも、ドイツの市庁舎って、こんなふうに街で一番綺麗で由緒正しい建物だったりするのです。

室内はこんな感じ
CIMG1291_convert_20100928043222[1]

こちらはカロリング朝皇帝の剣と冠の複製。帝国の象徴である林檎の勲章と、カロリンガー貴族の筆跡も残っています。
CIMG1296_convert_20100928043603[1]

アーヘンの街、小さな街ですが、フランク王国の香りのせいか、どことなく、ドイツの街でありながらベルギー・フランスの雰囲気も漂っています。
実は、「週末この街に行ってみよう!」と思い付いたとき、世界遺産があるなんて知りませんでした。ただ、なんとなく近くでちょっと綺麗な街らしいから行ってみよう!ということになったのですが、鈍行電車が遅れに遅れて片道3時間半の長旅に。おまけに近くで過激派のデモまであって、かなり不穏な雰囲気。クリスと相談して、何度も途中で中継地点のケルンまで引き返そうかと思ったのですが、目と鼻の先まで来て引き返すのも…と、なんとかアーヘン中央駅まで辿りつきました。

そして、デモを警戒する警官隊で溢れる不穏な駅前の風景が、徐々にヨーロッパ各地からの旅行客に溢れるのどかな観光地の風景に変わりだし、ついに大聖堂の巨大なドームが視界にに開けた時、道中の苦労は吹っ飛んでしまいました。街の歴史と大聖堂の由来についてはなんとなく知っていたのですが、それにしても小さな街に似つかわしくないこのただならぬ風格…と思ったら、なんと世界遺産でした。
そんな発見の喜びも、クリスと一緒の旅だと二倍になります。なんだかんだ言ってわたしたち、結構いろいろ旅行しているのですが、夫婦一緒だと、旅を通してお互いの新しい面を発見したり、非日常の中で二人の絆を改めて強く感じたり、そういう発見があるから、また旅をしたくなるんですよね。 その辺りが、夫婦の旅の魅力なのかもしれません。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

リューディングハウゼンの街

ママのお店の方はホームページが工事中で大変そうですね。がんばれ、ママ!

わたしたちは、先週久しぶりにちょっと温かかったので、近くのリューディングハウゼンという街に行ってきました。わたしたちの住んでいるところからバスで20分くらいの小さな街ですが、お城が三つもあり、また、昔ながらの街並みや修道院、教会付属の名門校などもあり、典型的なドイツの田舎町です。

街の真ん中に、こんな古い水車小屋があるような、のどかな街です。

CIMG1208_convert_20100919065504[1]

この水車小屋の裏にある、菩提樹の並木道を通り抜け、徒歩で10くらいのところに一つ目のお城があります。

CIMG1221_convert_20100919071124[1]

結構本格的な中世のお城で、お城の中にはレストランがあります。ドイツのこういう小さなお城はたいていそうですが、このお城レストランを貸し切って結婚パーティーをすることができます。そろそろドイツで念願の教会式を…と思っているので、ついついそっちに目が行ってしまいます。そんなこと書いてると、「あれ、あなたたち夫婦じゃなかったの?」って言われそうですが、ちゃんと結婚して、式も挙げてますよ!ドイツでは、日本で言う「婚姻届」を提出するために、市庁舎で人前式を行うことになっているのです。日本では、買い物ついでにさっと書類を提出して「ハイ、終わり。」の婚姻届ですが、ドイツでは市庁舎のセレモニーホールに両家の家族・親せき一同集まって、市の係官が取り仕切る人前式を行わないと受け付けてもらえないのです。なので、厳密には、キリスト教徒のドイツ人は、市庁舎での人前式と、教会での教会式と、結婚式を二回挙げることになるのです。

さて、ドイツの結婚式事情についてはこれくらいにして、次のお城です。

CIMG1226_convert_20100919070921[1]

このお城では、ちょうど地元の劇団が野外オペラを演じていて、わかりにくいですがかなりの人だかり。お陰で中には入れませんでしたが、思いがけず、アマチュア野外オペラを観劇することができました。ちなみにこの日はたまたま連日の悪天候がウソのような秋晴れでしたが、彼らはラッキーだったと思います。この後、一日たりとも丸一日雨が降らなかった日は訪れていません。おまけに気温もどんどん下がり、道行く人たちもみんなすっかり冬の装備です。

ちなみに、三番目のお城の写真がありませんが、実はこの第三の城、なんと現在ではごく普通のアパートとして賃貸され、人が住んでいて写真が撮れませんでした…というオチ。
お城アパートだからって、高級マンションではありません。家賃はごく普通、むしろ設備が古いので安いくらいなんだとか。かつて城の庭園だった場所はアパート住人の駐車場になってるし、なんだか諸行無常なオチですね。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード