信州の五月

IMGP3401+s.jpg

この美しい風景は月川温泉はなももの里です。
日本の連休に合わせて帰国した娘と婿クリスらと共にいつもの長野県阿智村の山荘に行ってきました。今回は脚を伸ばして月川温泉のはなももを見に出かけました。時期がすでに遅いかとも思って出かけましたが、はたして、美しく整備された河辺に満開のはなももがどこまでも続き、風に舞う花弁が幻想的でした。

IMGP3417+s.jpg
この美しく整備された河辺は、15年ほど前の集中豪雨で濁流にのまれて数百の大岩が残された跡をわずか1年で整備したものであると記念碑に書かれていました。「行政関係者と地元住人の熱意により・・・」と一文が添えてありました。どのスポットの駐車場でも気持ちの良い対応をしてもらい、「もっと上流は満開できれいですよ」と笑顔で誘導してくれたあの方達が頑張ったのかしら。それを知った後は尚更このはなももと河辺の織りなす風景が心に残る美しさに思えました。

IMGP3408+s.jpg

IMGP3434+s.jpg

この天空の集落は「下栗集落」です。
IMGP3438+s.jpg
南アルプスを望む長野県飯田市上村にあり、日本の原風景が残る地、「日本のチロル」とよばれているそうです。人一人通るのがやっとの細い道を(大変急な斜面に削るように作られた道で、入り口に置かれた「善意の杖」がありがたかったです)20分ほど登っていくと、この絶景にめぐり合えます。
この絶景にめぐり合うのに、主人の車の古いナビに導かれて「えっ!この道でいいの?」というほど急で細く曲がりくねった山道を進むこと15分くらいのドライブもおまけにありましたが。

いつもの「山荘でのんびり」の時間も好きですが、ちょっとがんばった楽しい休日でした。





sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード