フランクフルト・モーターショー2017

ママの記事「アンティークと暮らす」シリーズ、実はわたしも参考にしてます。本格日本家屋とヨーロッパアンティークがこんなに合うなんて、正直ママがこのお店を始めるまで知りませんでした。

さて、フランクフルトではほぼ毎年9月にモーターショーがあります。わたしも先々週仕事の関係で行ってきたのですが…その後急激な寒さでインフルエンザに罹ってしまい、今頃になっての投稿です。今回は写真多めですよ!

20170915_103330_convert_20170929061556.jpg

ドイツと言えば、メルセデス・ベンツのお膝元…ということで、まずはベンツ。

20170915_103204_convert_20170929061432.jpg

凄い人だかりで、車だけ撮ろうと思ったらこんな角度になってしまいました。

20170915_101336_convert_20170929060833.jpg

こんな未来カーもありますが…

20170915_104333_convert_20170929061932.jpg

クラッシックなのもあります。

20170915_104322_convert_20170929061957.jpg

ええと、わたし、あまり車に詳しいわけではないので余計なことは言わない方がいいというか、言えないというか…

20170915_105001_convert_20170929062301.jpg

写真中心でいきます(汗)

20170915_104553_convert_20170929062142.jpg

こちらはわたしの大好きなマセラティ。…が、このショッキングなレッドはクリスには不評でしたw
わたしは峰不二子ちゃんが乗ってそう!って思ったんですが…。

ところで、お気づきかもしれませんが、欧州のモーターショーって、アジアとは違ってコンパニオンの御姉様方があまり出張っていません。勿論いるにはいるんですが、とても控えめに目立たないように立っていて、お客様に話しかけられた時だけささっとご案内するという感じです。コンパニオンを中心に写真を撮っている人もいません。VIPによるトークショーが至る所で開かれていて、お客さんの興味の中心はそちら。人が集まっているブースも出展側とお客さんのトークが盛り上がっているから人が集まっているという感じです。欧州のモーターショーはトークが中心なんだそうです。

20170915_105208_convert_20170929062342.jpg

さて、上の写真は一見地味な展示に見えますが、知る人ぞ知る、要人向け装甲乗用車メイド・イン・ジャーマニー!
機関銃で銃撃されても中の人は無事なんだそうです。マフィアのボスや麻薬王に一押し!…あいや、表向きはあくまで「要人向け」ですよw背中を向けているジェントルメンは真剣に購入をご検討中!ロシア語を話していましたよ。

20170915_111824_convert_20170929062928.jpg

こちらはなんと空飛ぶ車!数か月前にテレビに出ていたのですぐにわかりました。子供の頃、いつか空飛ぶ車ができるはず!と思っていましたが、わたしが生きている間に実現してしまったようです。因みにこちら、法律上、ドイツ領空では飛行できません。

変わり種を先に出してしまいましたが、勿論王道スーパーカーもありますよ!

20170915_105332_convert_20170929062532.jpg

フェラーリです。

20170915_104756_convert_20170929062603.jpg

お客さんがちょっと触るたびにこのお兄さんが出てきて一生懸命綺麗にしていました。噂によれば、欧州でフェラーリを買うと、「人目に出す時は必ず事前に車体・車内を綺麗にして最高の状態で出すこと」という書類に署名させられるのだとか。…フェラーリ買ったことないので真偽の程はわかりませんが…。

20170915_105714_convert_20170929062722.jpg

こちらはジャガーですね。

20170915_114020_convert_20170929063100.jpg

このブースはティセン=クルップ社のものですが、クルップってあのナチスの御用企業だったクルップ鉄鋼ですよ!プロイセンの時代からドイツ軍の戦車・砲・その他軍用車両を製造し、巨大軍需財閥として二つのドイツ帝国(プロイセン王家によるドイツ帝国とヒトラーによる第三帝国)と持ちつ持たれつ巨万の富を築き上げたあのクルップです。

軍国主義の陰に巨大財閥あり!クルップの歴史は面白いですよ。初代のフリードリヒ・クルップは、鋳鋼製造技術の研究に明け暮れた貧乏な発明家でした。貧困の中で育った息子のアルフリートは、39歳で急逝した父の残した作業小屋で細々と工具やスプーンなどを製造していました。現在ではよく見かける、柄に花などの模様のあるスプーンやフォークを最初に売り出したのはクルップなんですよ。転機が訪れたのは、富国強兵でドイツ統一に乗り出すプロイセン王国の鉄道敷設事業に目を付け、鉄道に欠かせない鉄鋼製品の製造を始めた時。高い志を抱きながら貧困の中頓死した父を間近で見ていたアルフリートは、金儲けのためなら手段を選ばない人間でした。鉄道の次は大砲、プロイセンから大砲を大量受注する一方、隣国で革命が勃発すれば相手構わず武器を輸出し、一代で巨万の富を築いて「大砲王」と呼ばれました。

「ドイツを統一するのは鉄(武器)と血(兵士の犠牲)だ!」の「鉄血演説」で有名なビスマルクとアルフリートは気心の知れた仲だったといいます。この頃から既にドイツで「鉄」と言えばクルップ!「Hart wie Kruppstahl!(クルップ鋼鉄の如く強靭たれ!)」はドイツ軍の合言葉となり、ヒトラーの演説にも度々登場します。ヒトラーの時代には既に巨大財閥としてドイツ財界に君臨していたクルップは、第二次世界大戦で更に肥え太ります。

ドイツ敗戦の後、当時のクルップ当主、二代目アルフリートと同名の曾孫アルフリート・クルップが、配下の財閥幹部らと共に連合軍に逮捕され、戦犯としてニュルンベルク裁判で裁かれることとなります。「わたしは、醜く野蛮な欲に塗れた怪物のような人間を想像していた。ところが、実際目の前に引き出されたドイツの青年は、綺麗な目をした、長身でエレガントで美しい容姿の魅力的な人物で、その口から紡ぎだされる言葉もまるで悪人のそれとはかけ離れ、知性と思いやりに富み、なんだか肩透かしを食らったような、もっと言うと骨抜きにされてしまったような感覚になってしまった」と、当時検察側取調官の一人だった女性が証言しているのを、テレビのレポルタージュで見たことがあります。それでも禁固12年と全財産没収の有罪判決を下されます。

ところが、なんと1951年に米国による恩赦で釈放、財産とクルップ財閥の統治権も回復しています。この時代の、冷戦で切羽詰まるアメリカの思惑と、ナチス中枢を含む旧ドイツ支配層との複雑怪奇な関係は未だに歴史の闇の奥深く…

現在の社名、ティセン=クルップは、1999年の合併から来ています。現ティセン=クルップは巨大な工業コングロマリット。こんな風に、自動車部品なんかも製造しています。

20170915_114340_convert_20170929063226.jpg

因みに、会場であるフランクフルター・メッセはこんな建物。

20170926_154819_convert_20170929063353.jpg

ちょっとドイツ産業史に思いを馳せた、2017年モーターショーでした。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

フランクフルトの中央駅

ドイツから送った荷物がママのお店に無事届いたようで嬉しいです。
日本の方々に試して頂きたいな…と思って送ったプロヴァンスからのお土産のラヴェンダー製品、手に取ってくださった方、ありがとうございます。気に入って頂けるといいのですが…。

さて、こちらの建物、何だと思いますか?

20170907_151420_convert_20170914014915.jpg

これ、フランクフルトの中央駅です。
毎週仕事で一度、この中を通ります。
ドイツ企業に日本語ビジネス会話や日本文化をレクチャーする仕事です。

20170829_125432_convert_20170914015004.jpg

場所柄、大きなスーツケースを引きずった旅行客やバックパッカーなどが多く、スーツ+ハイヒールにビジネスバッグのわたしは若干浮いてます。
思えばかつて留学生としてドイツを訪れたわたしが初めて降り立ったドイツの駅が、この、フランクフルト中央駅でした。

20170829_125611_convert_20170914015113.jpg

当時のわたしが、もしも偶然この駅で今のわたしとすれ違ったなら、どう思うんだろう…
「すごい!現地に住んでバリバリ仕事してるキャリアウーマンだ!カッコいい!!」なんて思うのかな。
別にバリバリ仕事してもいませんしカッコいいキャリアウーマンでも何でもありませんが、あの頃のわたしにはそう見えるんだろうな。。

そう思うと、王道を逸れて色々と脇道に入り込み、茨の道…いやむしろ獣道を只管歩んできたようなわたしの人生ですが、案外蓋を開けてみれば順調なのかもしれませんw

さて、中央駅からフランクフルトの街へ出ると、真っ先に目の前に広がるのがこの光景。

20170907_151439_convert_20170914015152.jpg

フランクフルトはどんどん成長している街なので、常に至る所で新たな高層ビルが建設されています。
でも、手前の二つの建物は、留学生だったわたしが駅を出て初めて見た当時そのままです。
この街に家を買って、住むことになるなんて、当時は夢にも思っていませんでした。
思えば我が家は築150年なので、当時まだ未成年だった、ドイツ語も殆どわからなかったわたしがこの街のほんの数キロしか離れていない場所でドイツ語研修を受けていた時も変わらず建っていたのですよね…。そう考えると、感慨深いですね。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

Frohes Neues Jahr 2017!

去年はサボり気味でしたが、今年はドイツからの更新も頑張ろうと思います。

IMG_0445_convert_20170106202609.jpg

ちょっと小さいですが、元旦(1月1日)の上空から見た富士山です。おめでたいので貼っておきます。
今年は年末の二週間を日本で過ごし、1月1日にドイツに帰って来ました。
平地のフランクフルトですが、返った早々、2日、3日は雪が降りました。

今年もこのブログと母のお店をよろしくお願いいたします!

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ドイツでイラン料理!

先週末、クリスとフランクフルトのイラン料理店に行ってきたのですが、あまりに美味しかったので記事にしちゃいます。

ドイツにはイラン難民・亡命者が沢山住んでいます。なのでドイツにあるイラン料理はイラン系住民御用達の本場の味です。

イランと言えば、わたし、実はミュンスターに住んでいる時に外国人局の人にイラン人と間違えられたんですよね。配偶者ビザを貰いに行ったときなんですが、顔を見るなり「またイラン人か!あなたたちはドイツではビザもらえないの。テヘランに帰りなさい!」とヘイト丸出しな係官の女に一蹴されたので、「あの、わたし、日本人なんですけど?日本人はドイツでビザもらえますよね。」と言ったところ、返って来たのは「その手には乗らないわよ!」という返事。日本のパスポートを見せても「どうせ偽物でしょ!」と暫く信じて貰えなかったほど。

毎日いろんな外国人を見ているはずの外国人局の係官に間違えられる位なのだから、わたしってホントにイラン人に似てるのかもな…と思ったら、なんだか親近感が湧いてきて、以来イランは気になる国の一つでした。

とはいえそんなに気安く行ける国でもないし…。

せめてお料理くらいは!ということで、週末食べに行くのに「どこでもいいならイラン料理がいい!」とクリスに提案したのはわたしでした。

お目当てのイラン料理屋は、かなり治安の悪そうな移民街の裏道にひっそりと建っていましたが、この辺りはもう住人も建物もドイツにありながらまさに中東!雰囲気は最高でした。まるで現地の穴場レストランの雰囲気!…て現地知らないけど。こんな風なのかなって。

中に入ると、お客はわたしたち以外殆どイラン系。これは益々期待が持てます。

前菜は、ナンに似た薄手のパンに挟んで食べるミントとヨーグルトとチーズのサラダにナスとクルミのざくろソース和え。

これがびっくりするほど美味しいのです。しかもこのナスとクルミのざくろソース和えというお料理、日本の三河地方のナスの味噌和えという郷土料理に味がそっくりなのです。三河人のわたしとしてはもう感激です!

…やっぱりイランと日本て、どこか似てるんですよね。

そして、メインはこれ。

CIMG6651+-+Kopie_convert_20151109173140.jpg

鶏の串焼きとざくろソースです。
このざくろソースっていうのが、ものすごく美味で、三河人のわたしには八丁味噌を髣髴とさせる味なんです。味はまるで味噌カツですよ!…まぁ、味噌カツって豚なんですが、日本人もそういえば明治時代までは豚って食べていなかったはず。
やっぱり似てるように思えてしまうのですよね、日本とイランて。

因みにわたしが知る中で公共交通機関に「女性専用車両」があるのは日本とイランだけです。…他にもあるのかもしれませんがとりあえずわたしが知る中では…という前置き付です。

そして、以前ドイツでやっていたドキュメンタリー番組によれば、イランと日本の性に関する感覚や未成熟っぷり、社会的矛盾などはいい意味でも悪い意味でもそっくりです。

ますますイランに興味が湧いて来たんですが…行くのは難しいだろうなぁ。。

CIMG6653+-+Kopie_convert_20151109173243.jpg

因みに、クリスの職場にいる研修生君の一人はイラン人です。
亡命イラン人一家の息子です。だから彼はイランには二度と戻れないのだとか。
この研修生君、わたしも時々会うんですが、色々お話聞きたいけど、あまりこの話題には触れたくないようなので話を振るのは遠慮してます。

このような境遇に比べたら、いつでも八丁味噌を食べに帰れるわたしは幸せかもしれません。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

全身アンティーク!

クリスとわたし、実は学生結婚でした。なので、入籍したばかりの頃はお金がなくて、ドイツで市庁舎式という、入籍届提出・受理に伴う人前式をささやかに挙げただけで、まだ教会式も挙げていません。

そんなわたしたちですが、今年で結婚6年目になります。

DSC_7814_convert_20151027002403.jpg

バタバタで挙げた市庁舎式、日本から参加できたのは母と母の友人の二人のみ、写真はといえば、クリスの親戚が片手間に撮った数枚があるのみ。殆ど残っていません。

そこで、結婚6年目の今年、10月3日のわたしの誕生日プレゼントの一環で、クリスの地元の自然が綺麗な場所で、当時の衣装をそのまま着て、改めて、フォトウェディングをすることになりました。

DSC_7835_convert_20151027002959.jpg

この衣装、ヘッドドレスから靴まで、当時かなりお得に手に入れたアンティークなのです。
当時は駆け込みでやってもらったドイツの美容院でシンプルなアップヘアにしてもらい、市庁舎式に臨みましたが、今回は元美容師のクリスのママが張り切って「ドレスと同じ時代の髪型」を再現してくれました。1940年代の花嫁スタイルです。クリスママがやってくれたヘアスタイルは、ピーンカールという手法でとても繊細な昔のパーマスタイルなのです。

そして、当時ともう一点違うのが…この胸元のアンティークアクセサリー。

DSC_7820_convert_20151027003429.jpg

これ、すっかり気に入ってしまって未だに手元に置いています…ごめんね、ママ。

どうです(笑)、まさに、全身アンティークです。

あの時は学生でお金のなかったクリスも、今やフランクフルター・バンカーとして一端にお稼ぎです。わたしもなんとかドイツで好きなことをやりながら楽しく暮らさせて頂いています。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード