FC2ブログ

嫁いで行く家具さん達 9

2G5A4384_LrC2s-.jpg

 この彫りが美しいドローリーフテーブルは、今月末に嫁いで行きます。
このテーブルを選んで下さったのは、今年1年生になる元気な男の子のいる若いご夫婦です。
まだ、幼稚園に入園する前のいたずら盛りのR君と共に、おっとりとした柔らかな雰囲気のHさんがクレマチスを訪れて下さってからもう4年近くになります。
あの頃は、良く動き回る元気なR君を追いかけるのに一生懸命で、「なかなかゆっくり見られないです。一人で来なければ無理です。」とおっしゃっていたHさんです。が、久しぶりにママと来てくれたR君はほっそりと背も伸びて、凛々しい少年になっていて、「こんにちは!」とニッコリ。
「まぁ!ずいぶん背が伸びて。」と、こちらはばーばの気分で、嬉しくなってしまいました。
2G5A4388_LrC2s-.jpg

天板を左右に広げることが出来るドローリーフテーブルは、普段は閉じて中央のテーブルのサイズで使用し、来客時に人数に合わせて、片側だけ引き出したり、両サイド引き出して広く使用したりできる便利なテーブルです。
ヴァルボスの脚は美しくて全体にどっしりとしているのでぐらつくこともなく安心です。
ですが、アンティーク家具のこの美しい木目や、透明感のある美しい艶は魅力であると同時にちょっと厄介な面もあるのです。
無垢材をなんども何度もニスを塗ってはペーパーを当てて表面を仕上げて行くのですが、この昔から使用されているニスは水分に弱いという特徴ががあります。
それで、私としてはテーブルをお買い上げ下さるお客様がお若い家族の場合は特にあれこれ説明させていただくのです。
「水分にはお気をつけ下さいね。濡れたままにしておくとニスが白く変色してしまいます。」
「はい、濡れたものは置かないのね。」
「湯呑やマグカップも熱いと白い輪ジミが出来てしまいます。」
「はい、布のソーサーをつくろうかな。」
といった会話のあと、
「やはり、これ買います。」
と決めて下さって、(しつこくてごめんなさい)ほっとするのです。

20210219_121041s-.jpg

20210219_121008s-.jpg


今回、このテーブルにはセットの椅子はなくてテーブルのみで入荷していましたから、Hさんはこのハイバックチェア2脚を合わせることに。午後の陽ざしの中で撮影しましたので(単に写真を撮るのが下手なのですが)優しい桃色のモリスの生地の色が上手く出ませんでしたけれど。
「背もたれが高くてどっしりしてシンプルなのがいいです。」
と、Hさんは迷わず決めていらして、ご自分の決定に満足そうに微笑んでいらっしゃいました。

20210220_123913s-.jpg


これからこのテーブルを囲んで、Hさんご夫婦とR君の新居での楽しい暮らしが始まります。
まだ小さな育ち盛りのお子さんのいらっしゃるお宅ですから、慌ただしい毎日だとは思います。ですが、あのドローリーフテーブルを選んで下さったHさんです、毎日を丁寧に暮らして行かれるのでしょう。
若いHさんご家族に幸多かれと願っています。

嫁いで行く家具さんたち 8

 ずっと正面のお部屋で、優しく佇んでいたこのインレイドキャビネットも明日嫁いで行きます。
本当に長くお店にいたので愛着もひとしおですが、明日でお別れです。

20201218_215225s-.jpg


何人も、気に入ってお考えになられたお客様はあったのですが、思ったより少しサイズが大きくて断念された方が多かったのです。

まだやんちゃ盛りの男のお子さんがいらっしゃるお宅、(そう、いつも寄って下さる方ならご存じの方も多いかと思いますが。)Nちゃんのお宅に嫁いで行きます。

ガレやドームの花瓶やヴェイユーズ、素敵なものが届くと「宜しくね。」と、このキャビネットに飾っていたのです。どんな色の花瓶やヴェイユーズでも、華やかな絵付けのお皿でも、このキャビネットに飾ると優しく収まるのです。派手な感じにしたくない私としては、とても頼りがいのある家具さんでした。

20201218_215302s-.jpg

優しい小花をリースのように表現されたトールペイントと、細いラインの象嵌がぐるりと施されています。
アンティークのガラスは現代ものと製法が違うため、表面がわずかに柔らかく波打っています。そのため、そのガラスに映る景色もわずかに波打って揺らいでいるのですが、その優しく揺らいで映る部屋の景色をみるのが、私は大好きです。
その揺らいだ景色を眺めながら、お茶を飲みたいくらいです。
我が家にもこの「ゆらゆらガラス」のパーラーキャビネットがありますが、この嫁いで行くキャビネットは背が高いので、部屋の景色をたっぷり映します。眺めていて見飽きることがありません。


明日からは、若いご家族の毎日を優しく見守って佇むのでしょう。まるで、ずっと前からそこにいたかのように。
アンティーク家具もアンティークの小物も大好きなNちゃんの、心強い相棒となってくれるはずです。

先日、県外より、このキャビネットを見にいらして下さったお客様、改めてお詫び申しあげます。
すでに予約頂いていたこの家具をSOLDに移しそびれていたのです。
本当に、申し訳ありませんでした。

多くのお客様にご来店頂いた「クリスマスフェア」もあと明日と来週の水曜日・木曜日のみとなりました。新型コロナウイルスの感染は日増しにひどくなり、出かけることもためらいます。
もし、お考えの商品についてご質問等ございましたらお気軽にお電話下さいませ。電話に出られないことも多いかと思います。その場合は、
clematis_2201tessen@yahoo.co.jp
にメールをお願い致します。

明日からさらに寒さがますようです。コロナは気になりますが、コロナに負けないためにも体調を万全に保ちたいと思います。無理をせず、ゆったりとした時間を過ごし、この大変な時期を乗り越えたいと思います。
どうぞ皆さん、心と体に良い時間をお過ごし下さい。

嫁いで行く家具さん達 7

20201211_213159s-.jpg

 このエレガントなパーラーキャビネットは、まだあまり皆さんに見て頂いてはいないのですが、明日嫁いで行きます。
クリスマスフェア初日に、サイズを確認されたあと
「この家具下さい。」
と、まるでお花屋さんの店先で「このお花下さい。」と数本の花束を買うように軽やかにおっしゃったお客様のところに。
とても素敵な家具だから、しばらくはクレマチス店内で、食器やフィギュアやランプを飾って楽しみたいと思っていました。

20201211_212949s-.jpg

「私、わかりますか?」とおっしゃったお客様の笑顔にマスクのお顔ではじめはわからなかったのですが、「あ、やっぱりあの方だった。」と思いながら
「はい、以前象嵌のキャビネットを買って頂いたんですよね。」と、私。
ピアノ教授をされていると伺っていました。以前お買い上げいただいた家具に施された象嵌のデザインが
「音符が並んでいるように見えるので気に入りました。」
「私、ピアノを教えているんです。」
と、そんなお話を伺っていました。

それにしても、今回のこの家具さんを一瞬で買って下さった軽やかさには驚きました。
「久しぶりにときめいた家具です。」
「葉書を見て、一目惚れしました。」
と、配送のご相談のメールで、教えて下さいました。

そうなんですね!と一人ホクホクしながらうなずく私です。
「人と人は出会い」ですが、「モノと人も出会い」です。いい出会いが私たちを育ててくれます。そして、その出会いは、「この出会いは大切にしよう」とゆっくりと胸に響いてくるものもあれば、このお客様がおっしゃる「一目惚れ」のように一瞬で虜になってしまう電撃的なものもあるのです。
大きな物、(そう、家や車や家具)でも、小さなもの(毎日使うカップやお茶碗お箸、あるいは手帳やペン)でも、私たちはいつも物を選び取って暮らしています。それは生き方を選んでいるということでもあると思うんです。

「なんでもいい」というのは、「モノを選び取っていない」という事。それは自分の暮らしを大切にしないことになると思います。
でも、迷い過ぎて選べない時も多いですよね。色々な場面で。私もたまにあります。

このお客様のようにいつも感性を磨き、自分の「好き」という感覚の根拠をわかって納得していれば、いつ「モノとのいい出会い」があってもすぐに反応できますよね。しかも落ち着いて。「後悔しないかしら」なんて思わないで。

明日嫁いで行く家具さんを磨きながらそんなことを思いました。「素敵な時間を紡いでいって下さいね。」と願いながら。

「アンティークと暮らす」8

1594002561669s-.jpg

この落ち着いた空間は、いつも元気な笑顔を届けてくれる若いママなっちゃんのお宅です。
こんなに素敵に暮らしているのですが、このお宅には6年生のお兄ちゃんを頭に、3年生のお兄ちゃん、そして保育園児ちゃんという3人の男の子と2匹の猫ちゃんが毎日にぎやかに暮らしているのです。

いつもお家のどこかを素敵にしたいとたくらんでいるなっちゃん。そして「うん、いいんじゃないの。」と静かに許してというか、ブラケットを取り付けたり、天井灯を取り付けたり、(配線が目立たないように工夫して下さったそうです。)いつも、忙しいお仕事の合間にあれこれと、キッチリ「いい仕事」で答えて下さる優しくて「できるご主人」と。素敵なご夫婦のお宅です。

1594373175372s-.jpg

先程のお部屋の反対側のコーナーには、この「アリアドネの額絵皿」です。このアリアドネさんが中々存在感があって、ずっとなっちゃんの悩みの種でした!
「上手くまとまらないです。」と。

そして今回「陶板画・田園風景」を掛けて頂くことになりました。初めに1枚。そして「難しいです。壁に飾るって難しいですね。」と、試行錯誤の配置換えのお写真を送って頂き、なっちゃんが出した結論はこれでした。

1594373274581s-.jpg

2枚セットで飾ること!
「つながりました!こうなりました。」とお写真を頂きました。
大満足のなっちゃんの笑顔が目に浮かびます。

20200710_182917s-.jpg

このお部屋はこんな風に、末っ子のR君(なっちゃんママが暴れん坊っちゃまと呼ぶ、気分は11歳の4歳児君です。)が気ままに遊んでいたり、保護猫銀くんがまったりくつろいでいたりと、みんなが集まるリビングです。

20200710_183357s-.jpg

このお部屋には、最初はこのキッチンドレッサーを置いていただきました。マホガニーの無垢板でシンプルなデザインのこの家具は私もお気に入りの家具でした。

20200710_183140s-.jpg

「なっちゃん、あのキッチンドレッサーは今どこに?」
そして送って頂いたのがこの写真です。
ピンクのシェードが可愛いミューラーの天吊灯と一緒に、寝室に素敵に収まっていました。

20200710_183559s-.jpg

なっちゃんがクレマチスに初めて来て下さったのは、もうずっと前、
「うちは、何を置いても可愛くならないんですよ。」
「和の建築で、やたらと木が目立つんですよね。」
とおっしゃったなっちゃんに、
「あら、しっかりした木造建築なら可愛くしなくていいですよ。一つだけしっかりしたアンティーク家具を置いてみたらきっと素敵に似合うと思いますよ。」
と、いつもは私の側からそんなにおすすめしないはずですが、その時はそんな風にお話したと思います。
そして、1枚目の写真のサイドボードをご主人と一緒に見に来て下さったのでした。
その時もご主人は「うん、いいんじゃないの。」と、淡々としたゴーサインでした。

上の写真のブルーのシェードと薔薇のチェーン留めがお洒落なノバルディーの天吊灯は、ずっと付いていた和風の照明がどうしても我慢できないなっちゃんが、「まず和風照明器具を外してしまう」という快挙?!の後に、
「もう外しちゃってますから。探して下さいね。」と
言われて頑張って探した素敵な作品でした!

20200710_214344s-.jpg


勿論なっちゃんは和物が嫌いなわけではありません。むしろ和の焼き物・食器・帯や飾り物など日本の伝統工芸をとても大切に思う女性です。和も洋も、本物の良さをうまく暮らしに取り入れたい、そして、毎日の暮らしを素敵な時間にしたいといつも思っているなっちゃんです。

アンティークの灯その2

只今営業時間を短縮して営業致しております。
営業日    木・金・土曜日
営業時間   午前11時~午後3時まで

あとしばらく、この時間帯での営業とさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

先日、遠方より、ランプのお問い合わせを頂きました。
確認が遅れてしまい、ようやく昨日、四日も遅れて
お返事させて頂きました。
本当に申し訳ありません。

20200521_171517s-.jpg

この気品あるミューラーのランプさん。
そのお客様は
「フランスのぶどう畑を思わせる素敵な作品」
と表現してくださいました。

20200521_171536s-.jpg

真鍮の大変手の込んだベースと美しい淡い色合いのシェードの、
気品あるランプ。
ミューラー兄弟の1920年代までの作品です。
クレマチスのお店の入り口で、皆さんをお迎えしていたランプです。

気に入って頂いて、遠方のそのお客様のもとに本日嫁いで行きました。
優しく、存在感あるあのランプがいないテーブルはちょっと寂しげです。

20200520_145355s-.jpg

そして先回ご紹介させていただいた「壁灯のお客様」からは、
大変嬉しいメールを頂きました。

『・・・・辛い時期、目線の先にいつもあのキャビネットと椅子が
私の心を優しく包んでくれ、そして癒してくれました。
本当に感謝です。
アンティークの重厚で静かな雰囲気は不思議ですね。
不安で仕方ない私の心に落ち着きをもたらしてくれ、
今では、心の拠り所となっています。

長い時を経て、クレマチスさんを経て、
そしてご縁があって、可愛いわが子のように大事に迎えに行く。
そんなふうに、ゆっくり少しずつ宝物が増えていく幸せが
今の私の楽しみです。』

こんな嬉しいお便りでした!

初めていらしたのは、もうずいぶん前で、お嬢さんと二人で
小さめのキャビネットをお探しでした。
その時「これがいいよね」とお嬢さんと気に入って下さった
細身の可愛いキャビネットは、つい先ほど
「この可愛い子をリビングに置こうかな」と言って、私の友人が決めて帰ったばかりでした。

そうして、それから長い時間考えて、何度もご来店頂いて、
大きくておおらかなゆったりした雰囲気の美しいキャビネットを
「我が家に」と決めていただいたのでした。

あれから、ゆっくり、丁寧に、一つずつ「好きなもの」を選んで頂きました。
アンティークランプもテーブルランプを二つ。
そして今回の壁灯を。
「アンティークの灯がお家にある幸せ」も、お話して頂いてました。


お部屋に一つアンティークのランプが灯るだけで、
ゆったりとした空気が流れ、癒され、心が落ち着くのは不思議です。

家具やランプに限らず、アンティークのお皿やカップ、花瓶などの作品なども
みな、それぞれの物語を持っています。
【その物語にじっと耳を傾けたくなる】あるいは
【その作品たちがどんな時間を過ごしてきたのか想像したくなる】
そういった、ゆったりした時間こそが、
私たちに癒しをくれる豊かな時間なのではないでしょうか。

忙しかったり、辛かったり、悲しかったり。
その真っただ中にいると自分を見失ってしまいそうですが、
アンティークの品を見ながら、アンティークの作品に心の中で対話する事。
それは、自分自身と対話する事かもしれません。
自分と対話し、心を落ち着かせる時間。
それこそが、アンティークがくれる癒しの時間なのではないでしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード