FC2ブログ

光の芸術ルネ・ラリック

20210207_231526s-.jpg

 2月に入り、もう10日もたちました。
まだまだ寒い日が続きますが、「2月は光の春」と言いますよね。春の予感がするキラキラした陽ざしがあちらこちらに踊ります。
庭のハナミズキの硬い小さな蕾にも、窓辺に飾った観葉植物の葉先にも。

毎年ですと、この時期には「光の春のガラス展」などを開催しています。ですが今年はコロナ禍の中、緊急事態宣言も延長され、心塞ぐ思いで過ごしているのは私だけではなく、皆さん同じではないでしょうか。
ですが、精神的にも肉体的にもギリギリの状態で休みなく働いていらっしゃる医療関係の方々の事を思えば、弱音は吐けません。
私が参加している図書館のボランティアグループのお仲間にも若いママで頑張っていらっしゃる方がいらして、頭の下がる思いです。

 20210207_230302s-.jpg

 2月になると、ルネ・ラリックの作品を飾りたくなります。(本当は一年中見ていたいのですが。猫のミーシャの悪戯が不安で、高さのあるものはしまってあるのです。)
ガラスの好きな私はガレもドームも好きですが、ラリックは特に好きな作家です。ガレの個性溢れる芸術品も、優しい景色や植物の命をガラスに映し込んだようなドーム兄弟の作品も好きですが、光をそこに集めたような、「光の芸術」とでも言えるラリックの作品はとても好きです。

20210207_231558s-.jpg

ラリックは、初めは装飾品のデザイナーであり創作者でした。コウモリやクジャク、或いは花蜂などなど色々な生物や植物を金・銀・ガラス・七宝と宝石などを自在に組み合わせ、数々の美しい装飾品を創り上げていました。

20210210_181135s-.jpg

パリ装飾美術館に所蔵されている髪飾り「花蜂」は、植物の蕾に留まる3匹の花蜂をリアルに表現していますが、素材の主役は薄く青く透き通る美しいガラスです。その薄青いガラスの花蜂が、植物の蕾を表現するカットダイヤより美しいのです。

と言っても、まだ本物にお目にかかった事はないのですが!
いつか会えるでしょうか!

20210210_160144s-.jpg

その後ラリックは装飾品の創作をやめて、芸術的ガラス製品創りに専念することとなります。
そのガラス製品は、ガレやドームのものよりも、もっと家庭で多くの人たちに使ってもらえるような花器や皿や鉢。或いは彫像、或いはグラスや香水瓶。
「型吹き成形」で作られたのが、口が胴よりも小さな形をした袋状のもの、香水瓶や壺などで、「プレス成形」で作られたのは深いレリーフのある口の広がった花瓶、皿や鉢、彫像などです。そのいずれも、ラリックは色ガラスを用いることはなく、無色ガラスを用いるかパチネの技法でごく薄く色を付けていました。

20210210_160206s-.jpg

それによって、ラリックの作品の表面には光が踊り、光が集まるのです。

20210210_160246s-.jpg

そして、光がガラスを透過するのをより強く感じられます。

20210210_160316s-.jpg

3月中旬には「春のアンティークフェア」を開催できると良いのですが。

ガラスを抜ける光

ルネ・ラリック(1860~1945)は私の好きな作家です。
ジュエリー作家であったラリックは香水瓶の注文を受け、それを機にガラス作家となっていきます。
(現代香水商の祖と言われる香水商フランソワ・コティは1908年ラリックに香水瓶のラベルのデザインを依頼しますが、ラリックは自らが香水瓶そのものをデザインすることを提案したのです。)

ラリックは眼には見えない香りの魅力を瓶の造形によって表現しました。
個性ある一点ものの美しいジュエリー作品を手掛けていたラリックは、自身ののデザインしたガラス作品を量産できる製法へとすすんでいきます。

DSC03581s.jpg

アンティークガラスは一つずつ型を壊して取り出すので、一つずつに個性がありそれも大きな魅力ですが、ラリックの鋳型を利用した作品、テーブルウエアは一般の人々にも手の届くものとなったと聞いています。ガレやドーム兄弟の美しい芸術作品をパリ万博などで目にはしていたとしても、到底庶民の手に届くものではなかったかと思います。(1889年のパリ万博ではガレが、1900年のパリ万博ではガレとドーム兄弟がそろってグランプリを獲得しています。)
ラリックは一般の家庭に、美しいテーブルウエアを並べる喜びを届けた作家です。
そのプレス成型や鋳型を使ったガラス作品は、現在はラリック社として受け継がれています。
また一方でシール・ペルデュという技法で1点ものの作品も手掛けています。ロウで原型を作り、それを石膏の中に入れてからロウを溶かし流す。そうしてできた型に溶かしたガラスを入れて固めるという方法です。


DSC03578s.jpg


ガラスを抜ける光の美しさを表現したラリックの作品には、エミールガレやドーム兄弟の芸術作品とはまた違ったすがすがしさを、私は感じます。
写真の大皿は、水面に集まる魚や、その動きによってできる水の流れや泡、それらすべてに輝く光の美しさを見事に表現しています。

DSC03588s.jpg




sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード