お休みのお知らせ

 5月31日~6月19日まで仕入れなどのためお休み致します。
 6月20日より営業致します。
大変ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

20180525_132150.jpg


20180525_115936.jpg

20180525_120326.jpg

20180525_120359.jpg

これから色々な種類のアジサイが次々と咲き出してお店に飾って楽しめる、私の好きな季節ではありますが、娘たちの待つドイツに行って来ます。
いつもクリスと娘に任せていたアンティークアクセサリーの仕入れもしてきます。
「夏限定、しかも第3土曜日だけ」というアンティークモールに間に合うので、見てきたいと思っています。

20180527_100231.jpg

20180527_100402.jpg

20180526_105420.jpg

帰国しましたら「アーリーサマーフェアー」をしたいと思っています。
私が帰国するころには、可愛くて繊細な象嵌のある素敵なセティーやサロンチェアー、アームチェアーなど新着家具も届いていると思います。
それら新着家具も含め、お値打ちに割引価格でご提案したいと思います。

「アーリーサマーフェアー」は6月28日木曜日からを予定しています
どうぞご期待下さいませ。

20180526_105517_20180527111941cc4.jpg

ガレやルグラーのランプなどが届きました!

しばらくお休みを頂いていましたが、今週から平常通り営業いたします。

お休み中に素敵な小物たちが届きました。

2G5A1667_s.jpg


2G5A1672_s.jpg

2G5A1718_s.jpg

上の作品はルグラーのガラス花瓶に照明を付けてランプとして使われていたものです。

2G5A1719_s.jpg

ルグラーはフランスのガラス作家で、ガレよりも少し早い時期に工房を開き活躍しました。。

2G5A1709_s.jpg
2G5A1711_s.jpg

上の写真はガレ工房の作品ヴェイユーズ(常夜灯)です。ガレが実際に自らすべて手掛けた作品は「ガレ」として現代に残された作品の中でほんの一部ですから
実際にはアートディレクターでもあったガレが構想を練り、デザインし、ガレが見出した腕の良い職人たちが仕上げた作品を「ガレ」と読んでいるのです。この作品もそんな一つです。
電球を取り付けるブロンズの蓋にはひょうたんを思わせる穴があけられていて凝ったデザインとなっています。

2G5A1689_s.jpg

これは、キャンディーを入れるボンボニエール。
金彩の蓋の細やかな模様が美しいです。

2G5A1701_s.jpg

小さな小さな美しい花瓶はドームのものです。ガラスに合わせて金属で植物の蔓と実が装飾されている非常に手の込んだ作品です。

2G5A1680_s.jpg


上の写真はラファエル前派の絵画を思わせる美しい陶板画です。「天使に導かれる少女」というタイトルがついています。

どの作品も大変美しく見ごたえがあり、そして愛らしいです。
是非これら作品に会いにいらして頂ければと想います。

4月のお休みのお知らせ

2G5A1043_.jpg

4月はしばらくお休みを頂きますのでお知らせいたします。

4月7日土曜日~4月23日月曜日までお休み

4月24日火曜日より営業いたします。

2G5A1152_s.jpg

 季節外れの雪が降ったかと思えば5月中旬の気温になったり。今日は汗ばむほどの陽気でした。ここ数年花粉症が収まり、「年をとるのも悪い事ばかりじゃないのね。」などと言っていたのですが、久しぶりに酷い症状が復活してしまいました。そして私の周りの方皆さんひどいようです。

2G5A1164_s.jpg

花粉症の方もそうでない方も、この目まぐるしく変わる春の天候にどうぞ体調を崩されませんように。

ひな祭アンティークフェアやってます

2G5A0366.jpg

「ひな祭りアンティークフェア」をやっています。
田島先生に追加して頂いたので、小さな小さなお雛様がまだ色々ありますよ。
玄関や階段の踊り場やキッチンカウンターなどにちょっと飾って毎日ほっこり楽しんで下さい。

2G5A0305.jpg

可愛い素敵な家具達も届きました。

2G5A0300_20180207222821b81.jpg


2G5A0321.jpg

2G5A0351.jpg

こんなに毎日毎日寒い日が続くと片付けもお掃除もつい億劫になりがちですが、ささっと片付けて、小さな時間を作ります。
一人でのんびり部屋を見渡して、我慢していたあんな場所やこんなスペース、小さな場所を「こうしたらどうかな。この配置の向きを変えようか」などと、あれこれ思いめぐらせます。

若かったら、このまま配置換えに突入していましたが。もう、自分の能力を自覚してお休みの日まで我慢ですね。それでも大きな変化はもう中々難しいですが。インテリアをあれこれ考えるのは楽しい事ですよね。

新しいクッションカバーをウィリアム・モリスの生地で発注しました。これだけでも部屋は明るく素敵になるので楽しみです。

明日3日(土曜日)はお休み致します。

明日3日(土曜日)は仕入れのためお休み致します。

可愛いピンクの織物生地で張りあがったセティーやウィリアム・モリスデザインの「イチゴ泥棒」の生地で張り替えたダイニングチェアや細身のチェストなど素敵な家具達を受け取りに行って来ます。

セティーはソファーの前身となった家具で、小さくて軽やかでおしゃれですから、現代の私たちの暮らしにぴったりな家具だと思います。
見るだけでも楽しい家具たちに会いに来て下さい。6日火曜日から見て頂けます。
お知らせのDMハガキの製作が遅れて、お届けがもう少し先になってしまいます。申し訳ありません。

DSC01174.jpg

先回のブログ「ねことアンティーク家具」に我が家のいたずらねこミーシャの事を書きましたが、「実は我が家も猫好きです」というお声を多く聞きました。

DSC01196.jpg

小さかった頃のミーシャです。

猫の苦手な方、ごめんなさい!
こんな写真ばかりで!
次回は受け取ってきた家具の写真を配置した店内の写真をお届け致します。

2G5A9941.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード