FC2ブログ

明日17日から「Spring Fair」始まります。

20210313_160431s-.jpg

 明日、3月17日水曜日から「Spring Fair」が始まります。
遅れていたカップ達の荷物も届きました。小さ目のデミタスカップが多いのですが、デザイン、絵付けが一つひとつ本当にそれぞれ可愛くて、見ていて楽しいです。

20210314_085039s-.jpg

20210314_085104s-.jpg

私が特に気に入ったのは、このカップ達です。カップの内側に丁寧な鳥の絵柄が描かれているものと、ハンドルの形が可愛くてスミレの花のペイントが可憐なこのカップです。
以前にも申しましたが、若い頃は「地味な色・シンプルなものを良し」としていた私ですが、この頃は華やかなもの・可愛いデザインに素直に「綺麗ね!」と惹かれてしまうのは不思議です。

20210314_085212s-.jpg

どのカップも大切に保管されたり、飾ってあったのでしょう。とても綺麗な状態です。それなのに、残念なことにヘレンドを含め二つのカップに小さなチップが出てしまいました。いつものように送って頂いたのですが、大変残念です。

20210304_135727s-.jpg

20210316_171701s-.jpg

他にも額装の作品が2点。風景文絵皿の額と、神話文のレリーフの額です。
神話文のレリーフは、写真では黒っぽく写ってしまいましたが、濃いワイン色が美しいモケット生地で額装してもらいました。セーブルの作品です。是非近くでご覧になって頂きたいと思います。

20210310_185107s-.jpg

20210316_171728s-.jpg

明日のお天気を見てみたら、「明日は、最高気温18度、快晴」とここ刈谷市のお天気は良さそうです。
お時間あれば是非お立ち寄り下さいませ。

「Spring Fair」のお知らせ

20210302_213022s-.jpg

先日、テディベア作家大見あや先生のベアちゃんが届きました!
年明けからお願いしてあったベアちゃんたちです。
3月のSpring Fairに間に合うようにお願いしていたのです。「フェアには新作のベアちゃんたちを店頭に飾る。」というのが最近のルーティーンになってしまって「ベアちゃん今回は間に合うかな」と思っていたのですが、緊急事態宣言が出された事もあり、3月初旬から中旬に変更したので悠々と間に合いました。

今回は珍しいローズ色カーリーモヘアのベアちゃんと色違いの少し小さめの2体のベアちゃんの3体です。

20210302_202032s-.jpg

型紙が同じ、モヘアの色違いの2体のベアちゃんたち。じっと見ていたら娘の所の双子ちゃんたちみたいな気がしてきました。
「大見先生、このベアちゃん達を見ていたら、ドイツにいる娘の双子達を思い出しました!」
「はい!実はブログを拝見して、双子ちゃんのお孫ちゃんのことを知りました。おめでとうございます。それで、その子たちのつもりで作らせて頂きました。」
「まあ!ありがとうございます。なんだか、あの子たちに似ている気がします。」

20210302_202214s-.jpg

そして、少し大きいローズ色のこの子は?「この子は近藤さんのお嬢さんのつもりで作らせて頂きました。」と並べて下さいました。

 コロナ禍の中、超未熟児さんで生まれてきたベビー達。色々な事を乗り越えて(本当に色々な事が起こりました!)元気に命をつないでくれた二人です。あらゆる心配を乗り越えて、「お世話になった先生や看護師さんや、周りの人達、すべての事に感謝の思いでいっぱい!」と言う娘も、立派な『お母さん』になってくれました。
そんな事を思っていたら、ついつい温かいひとしずくが頬を伝わりました。リリーを亡くして依頼、涙腺が一層緩んでしまって困ります。

「さあ、スプリングフェアの準備をしなければ」です!DMの写真撮りが遅れています。
日程は決まっています。
    
  今月3月17日水曜日~(24日水曜日も含め)27日土曜日まで

20210302_201725s-.jpg

20210302_203404s-.jpg

真鍮のドラゴンや凝ったデザインが珍しいベースのミューラーのランプや、アイアンのチューリップがデザインされた、こちらも珍しいベースのミューラーランプが届いています。
そのほか可愛いカップや美しいお皿たち。そしてルネ・ラリックの蝶のペーパーウエイトや額入りの美しい絵皿などなど。
皆さんに見て楽しんで頂きたい可愛いもの、美しいもの、珍しいものたちが届いています。どうぞ、いらして下さいね。この3体のベアちゃんたちとお待ちしています。

明日から営業致します。

 長くお休みを頂いていましたが、明日から営業致します。

今年も引き続き、 営業日は木・金・土曜日の3日間
           木・金曜日は16時まで、土曜日は17時までの営業とさせて頂きたいと思います。ご不便をおかけしますがどうぞ宜しくお願い致します。

さきほど、関西3府県に加えて4県、7府県に「緊急事態宣言」が発出されました。ここ愛知県も明日から2月7日まで緊急事態宣言対象地域となります。自宅は公園が道路の向かい側にある住宅街にあるため、あまり人の往来に変わりはないと思います。
けれど、クレマチスのお店は駅のすぐ近くの商店街にあり、居酒屋さんなども数多く、影響を受けるお店が多いのではないかと気になります。
以前から、時々お気に入りのアクセサリーを見つけに来て下さっていた女性が、昨年夏に
「この近くでお店を出せることになりました。スタッフ皆でリフォームしています!」
と報告して下さって、
「床はどうされるの?壁は?」
と、あれこれお話して
「頑張って下さいね。」
と、そんなことが思い出されます。彼女はどうしているのでしょう。

2021営業時間ポスターs-


今度は、楽しいお知らせをしたいと思います。

1月だけのサービスの品

20201225_160517s-.jpg
  
今回から このコロナが収束するまで、毎月数点だけその月だけのサービス価格のお品をご紹介することと致しました。

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの願いも希望も裏切って収束のめども立っていません。私もそうであるように、皆さんも外出は極力控えていらっしゃる事と思います。

毎月数点だけ、季節のフェアとは別に「サービス価格」として家具やランプ類をご紹介させて頂きます。ホームページの画面とはまた違った写真で、今まで店内にあった家具さん達やガラスやランプ達を身近に感じ、楽しんでいただけたらいいかなと思っています。
もし、使って見たいなとお考えになられたら、
メールアドレス clematis_2201tessen@yahoo.co.jp
までご連絡下さい。

20201229_193421s-.jpg

20201225_160557s-.jpg

1枚目の写真の家具は、スティックスタンドです。美しいバリーツイストの脚と八角の形の台座と、その下に丸い可愛い足がついています。
とても姿の綺麗な家具ですが、傘立てとしてはちょっと使いにくいかもしれません。それで、八角の傘を入れる部分にぴったりはまる台を作って頂きました。花台としてお使いいただけたらと思います。下のブリキの受けにも観葉植物を飾って頂けます。
サイズはホームページ家具覧で確認して頂けます。1910年頃に製作された家具です。

20210101_225832s-.jpg

この家具はミュージックスツールです。

20201225_155755s-.jpg

こんな風に引き出しの扉が倒れる仕組みになっていて、楽譜が1枚ずつ取り出しやすい工夫がされています。

20201225_155920s-.jpg

この家具には味わいのある生地が貼られていたのですが、経年のために変色していたため、私の好きな「イングリッシュブーケ」という名前の付いた素敵な織物生地で張り替えて頂きました。玄関先に置いて、フォーカルポイントにされてもおしゃれですし、ちょっとお出かけの時にマフラーや手袋、バッグを置く場所にもなってくれそうです。

どちらの家具も39800円(消費税込み)にてご提案させて頂きます。
只今お休みを頂いておりますので、ご質問等ありましたらメールにてご連絡頂ければお返事させていただきます。

今月は14日木曜日より営業させて頂きます。

今年こそは良い年に!


2021 賀状裏s-


 昨年は新型コロナウィルス感染拡大により、世界中の人が経験したことのないほどの思いを強いられました。
それは、あらゆる国で、あらゆる地域で。

今年はこのパンデミックが早期に収束してくれることを願うばかりです。
そして、当たり前であった日常がもどってきますように!

もうしばらくは我慢の時期が続くでしょうけれど、身近な人との静かな時間、何気ない温かな会話の大切さを思い、小さな幸せを見つけて暮らしたいと思います。

今年、この1年が、どうぞ皆様にとって素晴らしい年になりますように。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード