ドイツの休暇事情

ママのお店の素敵なキルトの写真の次に、この写真を載せるのは結構ためらわれましたが…
ママがプレゼントしてくれた短ブーツ、届きました!

CIMG4182_convert_20121129014900.jpg

といっても、日本から送ってもらったのではなく、日本のママと、ドイツのネットショップで選んだものが、ドイツの自宅に届きました。世界は狭いですね。

このブーツ、Gaborというドイツのメーカーのものなのですが、中がムートンでとっても温かい上、ハイヒールなのに雪の中をガツガツ歩けそうな履き心地…相変わらずドイツファッションは実用重視だなぁと。。でも、そこが好き!

ちなみにちなみに…このプレゼントを届けてくれたDHLのお兄さんがとってもいい男で←
あれはたぶんイタリア人だろうなぁ。。すっごい爽やかで親切でした。
しかも、前に一度うちに配達に来たことがあったらしく、名前覚えててくれたし!←
「マダム・R!お久しぶりです。宛名見てドキドキしちゃいました。」とか言われちゃった!

…なんてこと書いてると怒られちゃうかしら。ブーツと一緒に写っているのは、クリスに誕生日に買ってもらったムートンコート。こちらはOakwoodというフランスのメーカーのものです。

え?かわいくない?…いいのです。。靴もコートも両方本革、中はムートン地でほっかほかというのがポイントなんです。これくらいじゃないとドイツの冬には太刀打ちできないので!

久々登場のグスタフはすっかりおじさん顔ですが、これでもまだ青少年なんですよ!

さて、温かい服も揃ったことだし、今年はいよいよクリスと一緒に念願のスキー休暇!
実は今年、スペイン行ってポーランド行ってチェコ行って、日本に二回も行ったのに、クリスの有給、まだ10日も残っているんです。

先日、クリスが嬉しそうに「今年は病欠がたったの12日だった!ドイツの平均以下、がんばったでしょ!」と報告してきましたが、あなたそれ、日本だったら、有給のほとんど消化しちゃってるから!

ドイツでは、病欠と有給が厳格に区別されているので、病欠で有給消化ということは、まずありません。
それにしても、病欠12日がドイツの平均以下だということは…平均的ドイツ人は、有給も合わせて年間50日くらい休んでるってこと?

平均寿命が延びて、生涯現役になりつつある昨今、そのくらいのスローライフの方が、いいのかもしれませんね。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード