春の庭(2015)

DSC02907s.jpg
今年もコブシの花が咲きだしました。
白い花が好きなので、我が家の庭には白い花が咲く植物がたくさんあります。

DSC02893s.jpg
毎年このユキヤナギの花から春が始まります。
庭の一番奥で陽あたりもあまり良くないのに、いつも真っ先に咲きだして「あ、もう春なんだ」と気付かせてくれます。日陰で咲いているので長く咲いて、他の花達が咲き出して、庭が春の衣に代っていくのを見届けて散っていきます。

DSC02901s.jpg
ユキヤナギが咲き出す頃に咲き始めるのがこの黄色い小さな花の「さんしゅい」?この花を義母は「サンシュイ」と呼んでいたと思います。調べてみましたら、「サンシュユ」でした!「中国・朝鮮半島原産、赤い実は生薬になる」と。
そして、いつもならエゴノキの白い愛らしい花がそのあと、5月にかけて咲きだすのです。一昨年、枯れてきたので植木屋さんに聞いたら「これはテッポウムシの仕業ですね」「カミキリムシの幼虫が幹を食べながら成長するんです」
それでも諦めきれずに様子を見ては、枝をかなり剪定したり、肥料水をやったりしたのですが、枯れてしまいました。それで5月はハナミズキ続いてヤマボウシの白い花だけになってしまいました。DSC02906s.jpg
今はまだ、ハナミズキもヤマボウシも小さな堅い花芽を大切に育んでいる時期。その間、目を楽しませてくれるのは桂の木の新芽です。小さな小さな赤い芽が枝という枝に一斉に芽吹き、若緑のハートの形になり、濃い緑色に変わっていきます。
DSC02908s.jpg
このクレマチスの花が咲きだす頃には心地よい緑の日陰を提供してくれます。
DSC02896s.jpg
寒くて庭を足早に通り過ぎている時期にずっと、可憐な淡いピンクの花を咲かせていた椿が一斉に花を落とし始めました。午前中に写真を撮り、午後から庭の草取りをし、ふと見たらたくさんの花が落ちていました。気温が上昇したからなのだとは思うのですが、花は咲く時期をわきまえ、もっともふさわしい時期に咲き終わる、その潔さに教えられる気がしました。
DSC02897s.jpg
剪定を怠って、暴れてしまったモッコウバラも今はまだ小さな堅い花芽があるだけです。
でも、5月になり、色々な種類の薔薇も咲き、華やかになる頃より、この時期の庭が私は好きです。去年もそんな事を書いた気がします。薔薇は大好きなのに。咲けば毎日見て回り、嬉しいはずなのに。薔薇や牡丹などが今を盛りに咲き誇る時期よりも、静かに堅い蕾をいだいているこの時期が好きとは、我ながらへそ曲がりだとは思います。花たちが入れ換わり咲いては散っていく、毎年繰り返される営み。その中で、冬の寒さから解放されてゆっくりゆっくり春の準備をしていく植物を見ているのが好きなのかもしれません。
 今年は、新築しガーデニングデビューした友人に感化されて、少し庭に時間をかけています。先週は主人に頼んで作りかえてもらった木製プランターに植えかえをしました。
DSC02932s.jpg
このプランターと同じブルーグレーのペイントで薔薇のポールやベンチも塗り替えました。次回、華やかになった庭のご報告をしたいと思います。



sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード