5月の庭

DSC03059s.jpg
長野で清々しい時間を過ごした後、奈良に行ってきました。奈良は、岡寺や談山神社など絶景スポットあり、パワースポットありで、これもまた素敵な時間を過ごせましたが、奈良旅行は次回にご紹介したいと思います。
毎年5月と言えば「メイガーデン」のオープンガーデンを楽しみにしているのですが、今年はちょっと事情もあり、伺うことを自重しました。

あの美しい薔薇の庭とは程遠い我が家の庭ですが、それでも、この時期になると華やかになります。
アプローチの入り口に植えたピエール・ド・ロンサールが咲きました。
DSC03055s.jpg

メイガーデンの薔薇に限らず、車で走っていると色々なお宅の庭で今を盛りに薔薇が咲いています。でも、うちの庭の薔薇はどうも肥料が足りないのか、花の数が少しで、頼りなげです。「薔薇の師匠」から、「土作りですよ」とは言われているのですが。

DSC03062s.jpg

それでも、薔薇を引き立てる植物のカラーコーディネートには私なりのこだわりがあり、毎年咲き揃ってくるのが楽しみです。写真の黄色い薔薇はハッピーチャイルド。今年は深い赤色の矢車草とシルバーの葉色が美しい白たえ菊を合わせました。奥では、ベルベットのような赤色のオールドローズ(名前忘れてしまいました!ザ スクワイヤだったかしら)が遅れて咲いてきます。

DSC03056s.jpg
ラベンダーは逞しく木質化して、わさわさと大きな株になってしまい、去年株元で切ってしまったら4本のうち2本がだめになってしまいました。ラベンダーだけでなく、ローズマリーもミント類もハーブはどれも日本の庭で、特に地植えにするとわさわさと逞しく繁殖してしまい、足元でミントが香るなんていう優しい情景ではなくなってしまいます。
ドイツでは、クリスのママが良く整備された手入れの良い美しい庭を作っていて(娘に言わせれば、「パパが流れのある池も木の植え込みも、何から何まで手伝ってるからできるんだけどね」ということだそうですが。
ドイツに限らずイギリスでも植物がおとなしいけれど、日本では植物は逞しく暴れて吊る生のものはどこまでも伸びてしまいます。虫もいっぱいいますしね。庭でお茶ができるのは、本当にわずかな期間です。
虫といえば、ドイツには毒虫が少ないのか、ハチは刺さないそうです。去年、長野の山荘でバーベキューをしている時にスズメバチが1匹テーブルにとまってしまったことがありました。(小ぶりな黄色スズメバチのほうでしたが)ガラスコップをふせて、閉じ込めて一同ほっとしたのもつかの間、クリスが逃がしてしまったのです。「可愛そう」といって!「あのハチは斥候で、仲間を呼んでくる可能性がある」と息子。娘に「ドイツでは虫は可愛そうなおとなしい存在かもしれないけど、日本では虫は毒をもっていることもあるし、刺されたら死ぬ事もある」とさんざん怒られていました。

DSC03048s.jpg

DSC03065s.jpg
虫も手ごわいですが、陽ざしも年々厳しくなってきているので、10年以上芝生の真ん中でフォーカルポイントとして台座と共に設置していた天使の置物の羽が紫外線と雨により片方取れてしまいました。今は東屋の窓辺で休んでもらっています。DSC03053s.jpg
この場所からの眺めは、以前なら爽やかな香りと深みのある黄色の花が美しく調和したイングリッシュローズのグラハム トーマスがたくさんの花を付けていました。我が家の庭では珍しくたくさんの花を毎年咲かせていました。8年ほど前に枯れてしまったのです。本当に残念です。また、いつかいい場所を見つけて植えたいと思います。

これから、ハイドランジアアナベルをはじめ、たくさんの紫陽花が咲いてくれると思います。花達に元気をもらってまた明日から頑張ろうと思います。
DSC03054s.jpg
Nさんに頂いたホタルブクロが元気に咲き出しました。

DSC03063s.jpg













sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード