ドイツのアンティークアクセサリー

今日は、母の店の10周年記念に出品されているアンティークアクセサリーについてちょっとお話したいと思います。

CIMG6264_convert_20150715191525.jpg

ドイツで「アンティーク蚤の市」と銘打ったフリーマーケットに行くと、アクセサリーは家具や古本、古着などと共に一大カテゴリーを形成しています。…が、気を付けないと、他カテゴリー同様、どこも玉石混淆。安い現代の模倣品なども沢山混じっています。そんな中、本物のアンティークを見極めるには、マーケットに足を運ぶ前に勉強するのは勿論のこと、いざ、蚤の市で購入する際、お店の人とじっくり話すことも大切です。

昔からアンティークアクセサリーを扱い、知識・経験も豊富で良心的な売り手さんは、若い人がアンティークに興味を持って色々質問すると、大抵喜んで色々なエピソードを教えてくれます。そして、売り場には出していない特別な商品を出してきてくれることもあります。

写真はドイツでは知る人ぞ知る、ミュンスターの伝統あるアンティーク蚤の市。
ミュンスターは、以前わたしたちが住んでいたこともある小さな田舎町ですが、夏季限定で開かれるアンティーク市は有名で、毎年ドイツ全土から、いや、国境を越えてイギリスやオランダからも人が集まってきます。

ベルリンやフランクフルトなど、大きくて交通の便も良い有名都市でもアンティーク市はあるのですが、こちらは観光客が集まりやすい…ということで、安い現代の模倣品をアンティークと偽って売る業者、わざわざ東欧や中東からまがい品を大量に持って来て売りさばく業者も沢山出入りしています。だから、色々なアンティーク市を回っては、結局小さな町の知る人ぞ知る、マニアックな蚤の市に戻ってきてしまいます。

さて、蚤の市での仕入れの醍醐味は何といっても値切り交渉。
ドイツの市では値切るのが普通。相手はそれを前提に値段を提示してきます。中には頑なに値切りを拒否する売り手もいますが、何等かの事情があると考えた方が良いようです。全くの素人の売り手さんが、親戚などから譲り受けた品を価値も知らずに信じられないような格安で販売、取りあえずそれでも形式的に値切りを提示したら、逆切れされた!なんてこともありました。

でも、そういったことは比較的まれ。大抵の売り手さんは値切り交渉に「待ってました」とばかりに応戦します。交渉が始まると、これまで楽しく談笑していたのが嘘のようにシリアスな空気が流れたり、きまずい雰囲気になったりします。日本人は、ここで居た堪れなくなって「わかったわかった、もう言い値でいいです。」とつい言いたくなってしまうんですが、これも全て作戦のうち。以前はわたしもこのピリピリした空気や気まずさが居た堪れなくて、思わずクリスに「もういいよ」なんて言っていましたが、ひるまず交渉を続けて結局大幅値下げを勝ち取るクリス。「もういいよなんて横槍を入れると相手の思うツボだよ。」と言うので、もう、こういう交渉はドイツ人同士に任せることにしています。

そうして勝ち取った戦利品。日本の空気の下では、ヨーロッパの空気の下で見るのとまた違った色彩・魅力を放つらしい…ということを、母が先の記事にアップした写真で知りました。湿度や気温、緯度による光の加減と関係しているのかもしれません。

ヨーロッパで1920年代、30年代に大切に身に着けられていたアクセサリー、今度は日本で大切に身に着けてもらってね!と、感慨深いです。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード