もう一度春の庭、そして初夏へ

DSC03492s.jpg

4月末から5月初旬へ、気候は目まぐるしく変わり、庭も毎日変化しています。
手入れの悪い我が家の庭でも、小ぶりながら薔薇たちが咲きだしました。

DSC03493s.jpg
同じ市内に住む母と知人に庭を見てもらおうと思います。
年々視力が衰えるという友人に見せてあげたいとずっと知人に頼まれていたのですが、毎日変化し、手入れの悪い我が家の植物は花の時期が短くて、「今ならどうぞ」と言える日がないのです。

DSC03475s.jpg

しばらく楽しませてくれていたクレマチスが強い風雨でダメージがあったこともあり、咲きだした薔薇が盛りを迎えるまでもちそうにないので「今週どうぞ」ということになりました。
背高く伸びだしたカンパニュラはまだ咲きだしてないし、ブルーの濃淡で小さな苗から育てたデルフィニウムは強い風でみな折れてしまい、雨にたたかれてあっけなく今年の花は終わってしまいました。

DSC03494s.jpg

ガーデニングとインテリア、どちらも似ています。庭の手入れと部屋のしつらえ、家の外と中。全く違うようですが、庭では、毎日変化し雑草が伸びて落ち葉がたまり、花は咲いては枯れてを繰り返す果てしない営みの中で「素敵だな!ここにいるとほっとする。気持ちが安らぐな!」という居心地の良い空間を作りたくて草を取り落ち葉を集めるのです。
部屋の中でも同じ。毎日の暮らしの中でほこりもたまれば、ごみも出ます。新聞や雑誌だって散らかるし、ものが散乱します。それでも「素敵だな、ここにいるとほっとする!」という心安らぐ空間にしたい。

さあ、もう少し草取りしてこようと思います。DSC03477s.jpg


ぐんぐん伸びて元気いっぱいのジギタリスの手前では紫陽花のたくさんの小さな花芽が出番を待っています!

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード