ナンシー派美術館2

IMGP6189_.jpg

では、展示室を回っていきましょう。少し日がたってしまい、順序がわからなくなっていますが。

IMGP6182.jpg

天井も壁も家具も照明も、すべてため息の出るようなアールヌーボーの作品です。
IMGP6181s_s.jpg

IMGP6290s.jpg

展示室と展示室をつなぐ廊下部分は、たっぷりと日差しが差し込んでいて、

IMGP6270_2.jpg

ガレやドームの作品に、キラキラと光りが踊っています。
IMGP6253_s.jpg

IMGP6252_s.jpg

IMGP6215_.jpg

IMGP6153_.jpg

これは、エミール・ガレの象嵌による額絵「ナンシーのガラス工場」
ガレはこの小さな額絵のようなものから、大きなテーブルやベッドまで、非常に手の込んだ象嵌の家具を数多く手掛けています。
IMGP6134_.jpg

IMGP6146_.jpg


IMGP6260_.jpg


あっ!この絵。ここに。この部屋に飾られていたんですね。

IMGP6257_.jpg

ガレのことを書かれた本に必ずと言っていいほど載せられている「工房のガレ」の絵。

この絵が飾られている部屋にはガレの手掛けた美しい象嵌のベッドがあり、ランプ台、テーブルなども象嵌で美しいモチーフが模られています。ベッドの象嵌はカゲロウが羽を開いたデザインで、「夜明け」と「夕暮」をそれぞれ表しています。
 ある本によれば、ガレが家具を手掛けるに至ったのは「ある日愛情をこめて彫り上げた花瓶を引き立たせるために個性的な台が必要になった」からだと記されていました。それは、ガレ自身の手紙に書かれていたといいます。
そして銘木店に足を運んだガレは、太陽の光線で美しく輝く紫檀や紫や薔薇色の縞のある(ローズウッドでしょうか)材木を発見するのです。その材木の美しさに魅了され、その美しい木の色を生かしたいという思いに駆られたのではないでしょうか。
 今はもう採り尽くされてしまったという本物のローズウッドやマホガニーの木の美しさは、アンティーク家具として出会ううことができますが、それら家具の木肌や木質が大好きな私はその時のガレの気持ちがうかがい知れる気がします。
IMGP6198_.jpg

ガレ自身がそれを飾る台として象嵌のテーブルまで作ってしまったという、「愛情をこめて作られた花瓶」とはどの花瓶だったのでしょうか。ちょっと興味がありますが、知るすべもないことですよね。

まだまだ、次回も「ナンシー派美術館」です。
IMGP6203_s.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード