「アンティークと暮らす」3

  アンティーク家具と気取らず気軽に、そして素敵に暮らしていらっしゃるお客様のお宅にお邪魔してきました!
お店にお立ちより頂くたびに、はっとしたり「そうだなぁ」と思ったり。色々な事を気付かせて下さる方。そして「あとからじんわりと嬉しくなる」 そんな「言葉の花束」をそっと置いて行って下さって、お会いするのが楽しみなお客様の一人です。                                    今日はお願いしてお写真を撮らせて頂きました。  
             
DSC03862.jpg
                                  DSC03864.jpg


 小ぶりなゲートレッグテーブルを、畳んだ状態の美しさを生かして玄関のウェルカムディスプレイにされています。
壁の額はアルフォンス・ミュシャのリトグラフでアンティーク家具が描かれています。

              DSC03879.jpg

午後の柔らかな光がたっぷりと差し込む明るいリビングダイニングに、ご主人が気に入って下さったバルボスの脚のテーブルセットや手彫りの重厚な雰囲気の家具さんたちが、ずっとずっと以前からこのお家の子だったかのようにしっかりとした存在感で待っていてくれました。
柔らかな明るい陽ざしのためか、クレマチス店内にあった時よりもどの家具もうんと優しい表情をしていました。

              DSC03867.jpg

              DSC03873.jpg
そして、どの家具も飾るための家具ではなく、暮らしの中に溶け込んで使われていました。
このビューロー、扉にもチェスト部分にも家具職人が手作業で丁寧に施した彫りが施された重厚感ある美しい家具です。でも、ちゃんとしっかり毎日の暮らしに使われています。「中央の小引き出しの両側にCDがピッタリとおさまるんですよ。」とMさん。

DSC03869.jpg

大きな鳥籠にオカメインコさんが2羽。良く人馴れしていて可愛い反応をしてくれます。

DSC03882.jpg

こちらはセカンドリビング。2台目のテレビ台は以前クレマチス店内のお茶室で存在感を放っていた大きなソファーテーブルです。

DSC03886.jpg

引き出しの中にはご主人のゴルフボールがキッチリと収まっています。(ご主人、ごめんなさい!あれこれいっぱい見せて頂いちゃいました!)テーブルのグリーンの革、カーテンのグリーン、そしてご主人のゴルフバックまでグリーンです。リビングダイニングはカーテンが暖かなローズピンクでした。テレビ台としてお使いのホールデスクの引き出しにはローズピンクのタッセルが、ダイニングチェアの座面はグリーンとローズ色のモリスの「ハニーサックル」。どのお部屋も、室内の色を氾濫させず、統一させることで、落ち着きと優しさが生まれていました。

DSC03875.jpg

おいとまする間際に見せて頂いたグランドピアノのあるお部屋の天井には、天使が花びらのようなガラスの照明をささげ持つシャンデリアが。
 写真が上手く撮れず申し訳ないですし残念ですが、どのお部屋も優しい心使いと暮らしを楽しむ心に満ちていました。だから、こんなにも居心地が良いし、圧迫感がないのでしょう。それに何よりどこも綺麗なんです。「片付け上手は暮らし上手」!
我が家も頑張ろう。暮らしはいくらでも素敵にできる!と思った帰路でした。



sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード