『ハウルの動く城』ドイツ語版

ママが先回の記事でお知らせしましたが、クレマチスは8月31日木曜日~9月4日月曜日までお休みです。休みすぎ??いえいえ、年間有給休暇が六週間あるドイツから見ると、まだまだですよwゆっくり羽を伸ばして来てね!

ということで、再びドイツからの更新です。

20170726_110007_convert_20170831062502.jpg

こちらは今年の夏の休暇で再び訪れたアルザスの村、リクヴィールですが、『ハウルの動く城』のモデルとなった街だと思うと、映画をもう一度見たくなりました。

20170830_221840_convert_20170831063029.jpg

『ハウルの動く城』ドイツ語版がこちら。タイトルは『Das wandelnde Schloss』、直訳すると、「彷徨える城」となります。この映画、ドイツでは「六歳以上対象」となっています。因みに同じジブリ映画の『もののけ姫』と『風の谷のナウシカ』は「R12指定」です。ドイツは真昼間から「大人の玩具」やコ〇ドームの宣伝をしていたり、夜の一定の時刻を過ぎるとアダルト関連のコマーシャルを無修正で放映していたり、そういう面に関しては「おおらか」なんですが、「暴力表現」に関する規制は厳しいようです。派手な流血シーンがある映画はメジャーなアクション・スリラーでも「R16指定」。夜の10時以降にならないと放映されません。おまけにかなりカットされてます。更に性暴力とナチスや人種差別に関する詳細で残虐な描写が加わると「R18指定」になるようです。

さて、『ハウル』のドイツ語版の感想ですが…ハウルがめちゃヨーロピアンな紳士でびっくりしました。原語版のハウルは確か「子供のまま大人になった、我儘で傍若無人だけど純真な男」という設定だったと思うのですが、ドイツ語版では「意気地なしで女々しいけど紳士で優しい男」になってました。以前、アナ雪の記事を書いた時にも思ったのですが、アニメ映画の吹き替えって、実写映画以上に色々とその言語に合わせて設定を変化させることができるようです。で、作品の雰囲気を壊さない程度に、その言語圏の視聴者が受け入れやすいよう、輸入元が翻訳・吹き替えで調整しているのじゃないかな…と。

確かに原語版のハウルをそのまま直訳しただけではヨーロッパの視聴者にはハウルの魅力が伝わりにくいようにも思います。ドイツ語版のハウルは、いかにも「あー、こういう男、フランス人にいそうだわw」というリアリティのある人物像に仕上がっています。で、確かにソフィーの故郷の街がリクヴィールだとすると、舞台は本当にフランスだし、ハウルはフランス人、少なくともフランス文化圏の男ということになりますね。

20170726_115018_convert_20170831062704.jpg

個人的にはソフィーの故郷はリクヴィールよりもコルマールやリボーヴィレなんじゃないかと思うのですが…でも、「アルザスの街だ!」と意識して見ると、映画の見え方もまた変わってきます。冒頭のシーンで兵隊に声をかけられたソフィーが「この街の娘?」と言われてかなりおびえて引いていますが、ソフィーが容姿にコンプレックスのある奥手でナイーヴな少女だという設定を考え合わせても、自国の兵隊たちにここまで疎外感を感じている理由、「アルザスの街だ」と思えば納得です。普仏戦争でドイツ領となるまでフランス領だったアルザスですが、住んでいたのはドイツ語の方言を話すドイツ系の人々だったはずなので、フランス軍に疎外感を感じていたとしても不思議ではありません。
…とすると、作中に出てくる戦争とは、普仏戦争のこと?…その辺りは史実とフィクションが交錯する所ですね。

CIMG5754_convert_20170831055613.jpg

こんな感じの袋小路じゃなかったでしたっけ?ソフィーが兵隊たちに声をかけられ、ハウルと初めて出会ったのは…。

地理的にも、「ソフィーの街はアルザスの街」と思ってみると、辻褄が合っているように感じます。呪いで姿を変えられ、街を去るソフィーが郊外の村で「この先は魔女や魔法使いしかいない荒地だよ」と告げられますが、確かに、アルザスからドイツ国境を背にして南に向かうと本当に「魔女や魔法使いしかいないような」荒地が延々と広がっています。実は、わたしたちがプロヴァンスからの帰り道に遭遇した「怪異村」は、その荒地を更に南進した「何もない場所」にあるのです。で、ドイツ語版の『ハウル』では、この「荒地」や「荒地の魔女」の荒地は「Niemandsland」と訳されているのですが、これ、直訳すると「何もない場所」という意味なのです!

ドイツ語版、よくできてる!と思うのはわたしだけでしょうか。。

実際にアルザスから「何もない場所」を通り、怪異村方面に行かずにほんの少し進路を東に逸らすと…こんな風景が現れます。

CIMG5925_convert_20170831073444.jpg

『ハウルの動く城』でも、荒地の向こうに氷河をいただく険しい山並みが描かれていますね。
そして、ついにこんな場所に辿り着きます!

CIMG5937_convert_20170831073223.jpg

「星の湖!」は『ハウル』の作中の呼び名ですが、どこだかわかりますか?
スイスですよ!
アルザスはスイスにも近いんです。

…で、思いついちゃった!
今度ママたちがこっちに遊びに来てくれたら、『ハウル』ツアーを敢行!!
わたしが「ソフィーの街」有力候補だと(勝手に)思うリボーヴィレの古民家を貸切ってソフィーの暮らしを体験!その後南東に進路を取って、「荒地」の風景を楽しみながらスイスの湖水地方へ!最終的には映画に出てきた「王都」の宮殿のような、丘の上のお城に宿泊です。

完全にわたしの趣味??でももう予約しちゃった!
ママとパパ、来てね!

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード