FC2ブログ

和歌山城に行って来ました

2G5A2965_s-.jpg

「クリスマスフェア」には大勢のお客様にご来店頂きまして
ありがとうございました。

フェア開催中にドイツから娘婿のクリス君がやってきました。
長いクリスマス休暇をとっての来日です。
日本大好き、日本食も大好き、温泉も大好きなクリスです。

皆で、何度目かの渡瀬温泉(和歌山)に行ってきました。
家族風呂の露天風呂と大浴場のある静かな温泉宿です。
日本で温泉に入ることを楽しみにしていたクリスと娘は毎日朝夕2度ずつ入っていました。

2G5A2990_s-.jpg

2G5A3011_s-.jpg


2日目には和歌山城にも足を延ばして、虎臥山に立つ美しい天守閣をめぐってきました。
よく手入れされた見事な桜が大きく腕を伸ばしていて、桜の花に霞む天守を思い描き、
是非ぜひ、春、桜咲く季節に訪れたいと思いました。

2G5A2988_s-.jpg

こちらは梅の古木。
やはり早春に訪れたいと何度も思いました。
けれど、冬の、このきりっと冴えた空気の中もまた気持ちの良いものでした。
訪れる観光客も少なく、きりっと晴れた青空に静かにそびえる天守が美しかったです。

2G5A3088_s-.jpg

敷地内には動物園やお茶室を通り、庭を巡って帰る経路もあったのですが、行きの急な登りの石段に
かなり疲れてしまい、同じ経路での帰途となってしまいました。
お城を訪れると、ついつい石垣が気になる私ですが、この和歌山城の石垣にも見とれて帰ってきました。
この石垣は高い技術を誇る石工集団・穴太衆(あのうしゅう)の仕事でしょうか。

2G5A3112_s-.jpg

2G5A3110_s-.jpg

2G5A3120_s-_20191230094150727.jpg

2日目は、熊野速玉大社にお参りしました。
駐車場からすぐに、こんなに美しく厳かな本殿に入ってしまえて、なんだか申し訳ないような気持ちです。

2G5A3107_s-.jpg

2G5A3127_s-.jpg

こんなにりっぱな狛犬の石像にも参拝を終えて来て初めて気が付きました。
境内には樹齢千年という「ナギの木」があるということで、ナギの木を探して鳥居の方に戻る形になって、初めて気がついたのです。

2G5A3123_s-.jpg

これがそのナギの木です。
厳かで静かな生命力に満ちていました。
ずっとこの場所に立ち続けて、根を張り、枝を広げ、葉を茂らせ。
何を見て、何を聴いてきたのでしょうか。
気の遠くなるような月日・年月のなかで。
小雨の煙る凛とした空気の中でナギの木を見上げていると、今生きていることへの感謝の気持ちで満たされていくのです。
樹木に宿る命が、グンと私を持ち上げてくれたような、そんな感覚になり驚きました。

2G5A3129_s-.jpg

ナギの木と別れて小道をたどると、小さなお稲荷様がありました。
ここにも樹齢はナギの木に及ばずとも、かなりの古木の杉の木が両側にそびえていました。

このブログが今年最後となります。

新しい年が、皆様にとってより良い1年となりますように。









sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード