FC2ブログ

「アンティークと暮らす」その7・ステンド編

只今営業時間を短縮しています。
営業日   木・金・土曜日
営業時間  午前11時~午後3時    よろしくお願い致します。

20200427_195128s-.jpg

 先日ご紹介させて頂いたブログの中で、
「今は、マスクを作るのにアンティーク家具を贅沢使いです。自粛生活も家具たちのおかげで、むしろ有意義になってしまいました。」
という奥様のコメントと共に紹介させて頂いたあのお部屋は
実はこうなってました!

このモリスの「フルーツ」の生地で張り替えたお椅子は、私も好きな椅子でした。
背もたれの彫りのデザインが好きで、そのモチーフに合わせて
「フルーツ」の生地で張り替えたのでした。

この椅子をずっと気に入って下さっていたご主人が、必要な家具を順番に決めていかれるときに、
「この椅子を次に頂くので、お取り置きお願いできますか。」
と静かに言い出されて
「ね、いい椅子ですよね。」
とお引き受けしたのでした。

そして、いよいよ工事が進んで、
「あの椅子のモリスのフルーツの柄で壁の1面を張ってもらうことにしました。面が広い側だったのでたいへんでした。」
と嬉しそうにご報告をされるご主人の笑顔を思い出します。

「まだ引っ越す前に、主人が担いであのこだけ持って行ってたんです。」
と、奥様が教えてくださいました。

20200425_213913s-_20200429135559dec.jpg


この写真の右側の壁は先回ご紹介したご主人の力作の珪藻土壁です。
その玄関の左の扉には、このステンドがはめられていました。

line_1380875596506620s-.jpg

20200429_151606s-.jpg

ここにも。
クレマチスの入り口にあったあのステンドです。

20200425_214207s-_20200429135602bc2.jpg



そして、このお部屋は、どの位置にくるお部屋でしたか、頭の中でちょっと迷子になってしまいましたが、正面の壁にはやはりステンドグラスが柔らかな光を届けていました。

畳のお部屋とステンドグラス。
なんとも素敵な落ち着いた空間です。

このお宅を若いお二人が考えて、お友達ご夫婦の建築家さんが
しっかりと形にして下さった。
お二人の夢や希望を大勢の職人さんに繋いで、「素敵な現実の形」にしていく。
「物を作る・物を造る」は「ものを創る」から始まっているのですよね。
若いお二人の夢を形にしてくださった物つくりの現場の方たちに何故か感謝の気持ちがわいてくるような気持ちになってしまいました。
今回、このブログに載せさせて頂く事になって、初めてお聞きしたお話があるんです。

「主人は、16歳の時からクレマチスの前を通って高校に通っていたと言っております。何のお店かはわからないけど、「クレマチス」ってお店がある。と思って3年間通い続けたとのことです。」
という奥様からのラインがありました。

16歳の、まだあどけなさの残るであろう少年から青年に代わる頃の、あのご主人がこのお店の前を
「なんのお店だろう」と思い、毎日通っていたのだと思うと、何かしら不思議な気がいたします。

色々な偶然が導いて、このお店に奥様と共に訪れて下さった。
「時の流れ」とか「ご縁」とか色々な言葉が思い浮かびますけれど、
クレマチスを訪れて頂く方は皆さん本当に素敵な方たちで、お店を通してこうして巡り合えたという事。
不思議なご縁に感謝です。

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード