FC2ブログ

命のスープ


 市内の実家で兄と暮らす母が、体調を崩して寝込んでいます。昨年のひどい帯状疱疹の痛みがようやく癒えた春先に、今度は玄関で転倒骨折してしまいました。
その母に、毎朝野菜のスープを作って持って行っています。

20200828_195526s-.jpg

 漸く骨折の痛みも治まり、歩行練習を始める時期になってもなかなか体力が戻らず、食欲はさらになく、気力がもどらないのです。
80代になっても車を運転して友人たちと近所の喫茶店に行ったり、旅行にもよく出かける明るい母でしたのに。
帯状疱疹の時は近くに住む姉が
「私が見に行ってるから大丈夫。」
と言ってくれて、私は週に1度か2度、夕飯のおかずを兄の分と二人分作って差し入れていました。

が、今回は明らかにおかしいのです。「生きる力」がないのです。
兄も姉も色々工夫してあれこれと食べさせようとしてもほとんど食べないのです。
体力も落ち、やせる一方です。
そして
「そうだ、野菜のポタージュスープを作ってみよう。」
と思いついたのです。
人参のポタージュスープ。人参の薄切りと玉ねぎの薄切り。玉ねぎはほんの少し。これを少しのバターで柔らかくなるまで炒めてブイヨンでコトコト煮込んで裏ごし。あとは牛乳で好みにのばせば出来上がり。
これだけのことですが、なぜか、このスープだけは好んで飲んでくれるのです。

時にはそら豆のスープにしたり、カボチャのスープにしたり。トウモロコシを茹でて、コーンスープにしたり。枝豆のスープも作ってみましたけれど、「美味しかった。ごちそうさま。」の言葉が出るのは、人参スープの時だけです。
このスープ以外はお医者様から出されている「ラコール」という栄養剤の飲み物とほんの少しカステラや兄が切ってあげるメロンを少しなど。だから母にとってこのスープは「命のスープ」です。

明日もまた「命のスープ」を持って行ってきます。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード