FC2ブログ

ドイツのイースター

日本では、遂にママがずっと温めていた計画、「薔薇と天使」展を開催するのですね!
ドイツから、成功を祈ってます。

さて、ドイツでは、今週金曜日から来週の月曜日まで、イースターの休日になります。
イースターとは、クリスマスと並んでキリスト教の最も大切なお祭りの一つ、キリストの復活を祝う一連の祝祭日のことで、ドイツ語ではOstern(オースターン)と言います。日本時間では既に金曜日になってしまいましたが、本日、木曜日は、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの絵画で有名な「最後の晩餐」の日。ドイツではGründonnerstagと言います。この日、裏切られたキリストは、金曜日に磔にされ、その三日後、すなわち次の週の月曜日に復活します。それを祝うのがイースターです。

ところが、ドイツでは、一見キリストの復活とは無関係に思われるものたちが、イースターのシンボルとして、この時期街の至る所に飾られ、各家庭でもこのモチーフで室内や庭をデコレーションします。

その一つが、これ。

CIMG3085_convert_20120401041809[1]

いやいや、グスタフは賛助出演です、主役はこの卵の飾りです。
日本では、英語の「イースターエッグ」の呼び名で知られているのではないでしょうか?ドイツ語では「Ostereier(オースターアイアー)」と言います。この飾り、本物の卵の殻で作られているのですが、生卵に小さな穴を針で空け、そこから卵の中身を吹きだして、殻に彩色します。ドイツでは、各家庭で子供たちが作ります。
この写真は、わたしがオルガンを弾いている教会のオースターアイアーです。

もう一つのシンボルが、このオースターアイアーとお菓子を運んでくると言われているウサギです。その名も「Osterhase(オースターハーゼ)」=イースターウサギです。

イースターの月曜日はドイツでは学校も会社も休み。ドイツの両親は、朝早くに家の中や庭の中に色つきの茹で卵や卵の形をしたチョコレート、お菓子などを隠し、「イースターウサギがたくさんの贈り物を持って来たよ!探してごらん!」と子供たちを起こします。ドイツの小さな子供たちは、クリスマスのサンタクロースと同じように、本当にイースターウサギがお菓子や卵を持ってきてくれると信じているそうです。

ところでこちらはベルリンのデパートで見つけたちょっと変わったイースター飾り…ヒヨコです。

CIMG3070_convert_20120401055944[1]

オースターアイアーの絡みで、卵の延長であるひよこまで、最近はイースターの季節の象徴として、この季節のシンボルになっているようです。

ドイツでは、金曜日から月曜日まで続くイースターの四連休の前後に一週間から二週間程度の休暇を取って、帰省したり、旅行に出かける人がとても多いです。日本のゴールデンウィークのような感覚でしょうか。
クリスも、今回はイースター連休の後の一週間、休暇を取ったので、またまた旅行に出かけますよ!今回の行き先はポーランド。旅行記、乞うご期待!

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード