FC2ブログ

ベルリンのクリスマス市

今日は、今年初めてWeihnachtsmarkt(クリスマス市)に行ってきました。
ドイツのちょっと大きい街では、街の至る所でクリスマス市をやっています。特にベルリンでは、ホントにもうありとあらゆる場所にクリスマス市が立っているので、それこそ避けて通る方が難しいのですが、雪がしっかり積もってクリスが一緒じゃないとつまらないので、それまでは見てみぬ振りをしてました(笑)。

CIMG4330_convert_20121209093916.jpg

前述の通り、クリスマス市ってベルリンではそこらじゅうでやっているのですが、今日行ってきたのはKurfürstendamm(通称クーダム)の目抜き通りのもの。クーダムって、ベルリンの青山みたいな感じで、高級ブランドブティックや大型デパートが立ち並ぶ、オシャレなショッピング街なのですが…ベルリン観光的視点で言えば、第二次世界大戦中の空襲で半壊したままの状態で保存されているカイザーヴィルヘルム教会のある場所です。ちなみにこの教会、数年前から保存のために全体が保護カバーで覆われてしまい、すっかり見つけにくくなったので、この近くを通ると必ずカメラを片手に途方にくれる観光客の方たちを目撃しますが、ステンドグラスのようなガラスの塔の隣にあるハリボテビルの中です。

ちなみにこのクーダムには、ドイツ一の巨大デパートKaDeWe(カーデーヴェー)があります。普段から、ドイツ中からのおのぼりさんや観光客で溢れていますが、今の時期は内部のクリスマス風レイアウトがとても素敵です。今日も、記念撮影している日本人観光客を見かけました。

去年まで住んでいたヴェストファーレンの田舎の小さな街、ミュンスターと違い、モダンな大都市ベルリンのクリスマス市は、伝統色や宗教色よりも商業色が濃厚。伝統的なドイツのクリスマス市の雰囲気はあまりありませんが、その代り洗練されていて、オシャレで、日本やアメリカのクリスマスにちょっと近い雰囲気だと思います。

とはいえ、ドイツのクリスマス市の定番は変わりません。
ドイツのクリスマス市といえば、これです、Glühwein(グリューヴァイン)!温かい薬味アルコールです。

CIMG4338_convert_20121209094202.jpg

ちなみに右側のクリームが乗っているのはホットココアです。こんなふうに、アルコールが苦手な人や子供用に、ノンアルコールのホットドリンクも売られています。

クリスマス市の傍らには、こんなかわいい子が!

CIMG4334_convert_20121209114651.jpg

このジャーマンシェパード君は、救助犬育成のための義捐金募集のお勤め中。ドイツでは、クリスマスは募金や寄付の季節でもあるので、このような光景をよく見かけます。募金すると、犬に触ったり写真を撮ったり、救助隊のカッコいいお兄さんとお話できたりします←

ベルリンのクリスマス市、日本の家族と友達へのクリスマスプレゼントを選ぶために、今年中にあと数回はお世話になるんじゃないでしょうか。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード