FC2ブログ

「アンティーク家具と暮らしを彩るあかり展」のお知らせ

記録的な猛暑が続いています。
娘たちの住むドイツでは、ほんのいっとき、35度を記録したようでしたが、
今は「もうすっかり秋だよ」と娘がいうくらい涼しいようです。クリスが職場
で拾った風邪に娘もうつり、「熱っぽいから休んでる」といっていました。
夏は毎年あっと言う間にかけぬけて行くかの国では、太陽の光が暖かい日は誰が見ていようが
おかまいなしで、公園や広場で寝転んで心行くまで天然の光を満喫したくもなるのでしょうね! 
本当に、そんな光景をようくみかけました。
でも太陽の光に毎日、これでもかというくらい焼かれて干物になりそうな気分の私としては、羨ましい気持ちです。もう秋はこないのじゃないかしら。と。
でも、ちゃんと季節は巡っているのですね。昨夜、和室の裏の小庭で秋の虫が鳴いていました!
まだ小さな虫の音ですが、確かにあれはこおろぎの声。着実に季節は動いています。そして、また今度は「いつになったら春は来るのかしら」と寒い季節を恨んだりするのです!
DSC01048s-.jpg

来月9月17日 (火曜日)~23日(月曜日)まで
「アンティーク家具と暮らしを彩るあかり展」を致します。

アンティークのテーブルランプ・シャンデリア・パフュームランプなどたくさん届いています。
「ドーム」や「ミューラー」・「シュナイダー」などいずれもヨーロッパを代表するガラス工房です。
1930年代には工房を閉じたりドーム社のように大量生産品のガラスメーカーに変わったりしてしまいました。これらアンティークランプを出来る限りお求めやすい低価格で提案させて頂くつもりです。
DSC01052s-.jpg
ガラスの素地に金属を混ぜ込んで作られた美しいシェイドとそのシェイドを支えるベースのデザイン。
見ていて飽きないですし、「あかり」をともした時のはっとするドキドキ感と・・・。DSC01054s-.jpg
「あかり」、ランプは本当にお部屋にひとつあると癒され、和み、ほっとします。
今回は、ステンドグラスの作家竹内美緒さんのランプも展示させて頂きます。
他にも和のあかり・行燈も展示いたします。
是非、見て、和んで寛ぎと癒しの時間を過ごしにお越し下さいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード