南仏プロヴァンス旅行~滞在編1~

プロヴァンスの村々は、こんな感じです。

IMG_2091_convert_20170803073623.jpg

村というよりも、数軒の家が連なって建っているだけの集落もあります。

IMG_2078_convert_20170803074321.jpg

むしろそうした集落の方が多いです。

IMG_2080_convert_20170803074542.jpg

これらの集落は、傍を通る道がアスファルトに変わったこと以外、本当に何百年もの間、殆ど変わっていないのかもしれません。

IMG_2081_convert_20170803074840.jpg

郊外には、こんな風にラベンダー畑が広がっていたり…

IMG_2099_convert_20170803075009.jpg

ヒマワリ畑が広がっていたり。

IMG_2010_convert_20170803072100.jpg

そして、集落と集落の間には、こんな風に断崖絶壁の山々が聳え立っています。

IMG_1973_convert_20170803072231.jpg

今でこそこうした岸壁を貫通する形で築かれたトンネルがあり、自家用車で集落間を行き来できますが、一昔前は陸の孤島のような集落も沢山あったのではないでしょうか。

IMG_1983_convert_20170803074721.jpg

今でも秘境の面影は十分残っています。滞在中、観光バスはおろか、路線バスすら全く見かけませんでした。それもそうですよね。こんな所、大型車両では通れないんじゃないでしょうか。

IMG_2017_convert_20170803072338.jpg

岩山の間にはこんな川が流れていて、地元の人たちが泳いでいる姿をよく見かけましたが、水は灰分(?)で真っ白!硬度・PHの高い典型的なヨーロッパの水のようです。こんな水で泳いだら髪の毛バサバサになりそうです。

IMG_2021_convert_20170803072448.jpg

因みにこの川のほとりにあったこの村は、プロヴァンスの田舎の集落の中ではかなり規模が大きい部類ですよ!

IMG_2026_convert_20170803072554.jpg

そしてこの村の軽食屋で食べたこのオムレツが本当に美味でした。こんなタダのオムレツがどうやったらこんなに美味しくなるんでしょうね?不思議で仕方ありません。ドイツのそこそこの地方都市の四つ星レストランで出てくるものよりもこの軽食屋のオムレツの方がよっぽど美味しいです。なんとなく、こういう田舎の軽食屋のオムレツにこそ美食大国フランスの真骨頂があるように感じます。観光ガイドにも載ってないような山奥の村の軽食屋が卵だけを使って他国の四つ星レストランよりも美味しいものを出せてしまうっていうのが、フランスの真の実力なんでしょうね。

IMG_1950_convert_20170803071239.jpg

食べ物談義に関してですが、わたしたちがフランクフルトでお世話になっている、元企業経営者のドイツ人のご隠居が「プロヴァンスに行くなら食事のことは心配しなくてもいい。あそこには美味しくないレストランは存在しないから。」と言っていました。でも、正装して入るような五つ星の高級レストランなどはありません。どこも田舎の「飯屋」です。それが、上の写真のような料理を出すのです。これ、カンガルーのステーキなんだそうです。お味の方は、微かに独特の臭みがあり、「カンガルー」と言われると納得します。でも、ソースがものすごく美味しいので食べれてしまいます。こういうの、フランクフルトの高級創作料理店(勿論星付き)で気取り屋&見栄っ張りなホワイトカラーがバリっとスーツ着こんで食べてる写真をSNSとかにアップしていそうですが、村の飯屋の「今日のコース」の一皿です。

で、このレストランのアンビエンテがこれw

IMG_1954_convert_20170803071350.jpg

なんせ山奥の田舎の地元の人しか来ないような飯屋なんで、屋外です(笑)。で、こんな風にオーナー一家のわんちゃんが「ちょーだい!」と挨拶に来てくれます。犬好きにはたまりませんね。

因みに厨房は一応屋内にあるんですが、それも農家の小屋のような建物で、厨房以外はワイン倉庫になっていて、屋内のテーブル席はレストランというよりも地元の人たちがワインを飲みがてらおしゃべりするバーのようになっていました。

さて、そんなプロヴァンスの宿ですが…
ナビに従て宿を目指して走ったところ、着いたのがこれ。

IMG_1944_convert_20170803071125.jpg

「目的地に到着しました。」って言われて目の前にあったのがこの掘っ立て小屋。(因みに写真左端はグスタフの頭)途中、「こんな畑しかないところにホテルあるわけないからナビ絶対間違ってるよ!」って言ったんだけど…クリスはステレオタイプのようなドイツ人なのでナビに絶対服従してとんでもない場所にたどり着くのは初めてじゃないし、途中何を言っても頑固だからナビの言うこと以外絶対聞かないんですよw

その後、グーグルマップでなんとかたどり着いたのがこちら。

IMG_1960_convert_20170803071923.jpg

こう見えてもホテルなんです。誰も住まなくなった古い民家を村の人たちが一から修復・手入れして改修し、夏の間旅人に貸しているのです。一軒家、完全貸し切りです。
中はこんな感じの本場ブロカントスタイル。

IMG_1956_convert_20170803071600.jpg

自炊できるようにバーもキッチンもついているんですが、れっきとしたホテルです。村の人たちがフレンチスタイルの朝食をルームサービスしてくれるし、ベッドメイキングも掃除も普通のホテル同様にしてくれます。

IMG_1957_convert_20170803071715.jpg

ベッドはこんな風になっていて、カップルにぴったりですね。

IMG_1958_convert_20170803071828.jpg

グスタフもソファーの上で早速寛いでいます。

次回は更にプロヴァンスの風景を紹介します。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード