皆様、良い年をお迎えください。

2G5A9503s.jpg

 娘婿クリス君の発案で、娘とクリスとドイツダックスのグスタフ、そして日本から息子も参加して『ドイツからノルウェーまで車で行く旅』を子供たちがしてきました。目的はオーロラですから、「飛行機で行けばいいんじゃないかな」と主人も私も賛成しかねていたのですが.。何しろドイツからデンマークを通過し、スカンジナビア半島をスェーデン側で北上するというのですから。
娘夫婦がドイツで大変お世話になっているご夫婦がいらして、そのドイツ人のご主人が「それはクレージーだ」と忠告もして下さったのに!
 とにかく無事に(途中いろいろあったようですが)まずはドイツに、そして息子は日本に帰国し、安堵しています。

2G5A9709s.jpg

高速道路の片側にこんな滝のような光景が現れたり、

2G5A9683s.jpg

トナカイが道路を横断することも!ちょっとした群れだったらしいのですが、突然のことでうまく写真が撮れなかったそうです。残念!
2G5A9501s.jpg

こんな素敵な教会を見つけたそうです。スッキリシンプルで美しいですね。スェーデン国教会はルター派の一派だそうで、ドイツで観た天を突くようなゴシック様式の教会とはまるで違います。

2G5A9506s.jpg

そしてこんな事も!!

2G5A9504s.jpg

こちら日本では北海道で記録的大雪だったり寒い日が続いていたのですが、ちょうどこの時期、ヨーロッパでは例年よりも暖かったようで、雨が降って凍った道路が非常に滑りやすかったのです。駆け付けてくれたレスキュー(?)の方たち・営業時間を延長して車の整備をしてくれた地元の方に感謝です。
そしてこの事故現場のご近所の優しいおば様が暖かいコーヒーをポットに入れて持ってきて下さったそうなんです。車が引っ張り上げられるまで家にも入れて頂き、「英語もドイツ語もあまりわからないから」とドイツ語が分かるご近所の方を読んで来ても下さったとか!
お名前も住所もわからないスェーデンの方、本当にありがとうございました。

2G5A9513s.jpg

この馬たちの牧草地帯と道路との溝に落ちたらしいのです。レスキューの人にも「スパイクタイヤでなければこの道路は無理だ」とは言われたそうなんですが、ドイツでは、スパイクタイヤは禁止されていてスノータイヤしか売っていないのだそうです。

2G5A9610s.jpg

2G5A9602s.jpg
2G5A9601s.jpg

2G5A9623s.jpg

こんな大変な事があったのを知らされたのは
 「今ここにいるよ」と娘のラインでノルウェーの貸別荘の写真が送られてきた時です。そのあとに「こんなこともあったけど」というコメント付きの例の雪に突っ込んだ車の写真です。
写真を見て驚いたり、みんなけがもなく無事だったという娘の言葉にほっとしたり。そして近所のご夫婦が暖かい部屋に招き入れて、暖かいコーヒーを下さったという話を聞き、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
この感謝の気持ちをずっと持っていたい。困っている誰かにためらわずに手を差し伸べられる人でありたい。そんなことを思った年の瀬でした。

2G5A9540s.jpg

因みにオーロラですが、例のトナカイの群れに遭遇した時に「空が白っぽく不思議な色になっていたから、あれがオーロラだったみたい。」という事で、「さあノルウェーでいっぱい見られると思ったら、ついにあれだけだった」のだそうです。

2G5A9545_Bs.jpg

2枚目の星空の写真には流れ星が写っています!中央部分の白いラインのようなものが流れ星だそうです。

新しい年が皆様にとってより良い一年となりますように。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード