FC2ブログ

アンティークランプの魅力

「ミューラー」のガラス

20180828_164608.jpg
 ミューラー家の兄弟姉妹は10人で、全員がフランスロレーヌの北西部カウハウゼン村で生まれたと記されています。
彼らの名は1866年生まれの長男エミール、アンリ、二コラ(通称カミーユ)、ジャン、オーギュスト、ピエール、デジレ、ヴィクトール、カトリーヌ、末の1883年生まれのウージェーヌでした。
カルハウゼン村は今も窯の芸術(ガラス製品、クリスタル製品など)が行われている地域の中心部に当たる場所だそうです。
 
彼らのうちエミール、カミーユ、ジャン、オーギュスト、デジレの5人はガレのクリスタル製作所が1894年に創立された時にガレのもとに入り、その後独立して自らの工房をつくったのです。

20180824_152012.jpg

20180824_131643.jpg

 1895年、アンリ・ミューラーはナンシーの南西20キロほどの所にあるロレーヌ公の旧都リュネヴィルに手工業生産のアトリエを開きました。そこにエミール、オーギュスト、ピエール、デジレが合流し、デザイン画家をしていたカトリーヌと末っ子のウージェーヌも加わったということです。
 ミューラー兄弟のアトリエはその後第一次世界大戦で中断され、いろいろな段階を経て、1930年の経済危機のために破綻してしまいます。1935年には彼らのクロアマールの工房も火事で焼失してしまいます。そのころまでには多くの兄弟がなくなっていますが、デジレだけが1952年に息を引き取るまで独自の作品を制作し続けました。
 私たちが手にするミューラーの作品に書かれているエナメル彩のサインは、「ミューラー兄弟、リュネヴィル」という意味です。

20180829_131823.jpg

20180829_125832.jpg

 ガレに続く世代に属するミューラー兄弟。
彼らの作品はガレのようにあくがあるほどの強い個性を持ったものとは違い、どんな空間にもまるで以前からそこにあったように溶け込んで、優しい灯りをともしてくれます。

20180829_124647.jpg

そして技術面から見ても美学面から見てもその偉大なガラス作家と同じくらい厳密な要求に支配され、製品はそれによって一貫してナンシー派のガラス製品と同じ質の高さを維持していたと言われています。

IMGP6613_Ltest.jpg

IMGP6621_Ltest.jpg

IMGP6764_L.jpg

IMGP1739_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード