FC2ブログ

今日のクレマチス

20181108_113623.jpg

 今朝、庭に「ブルームーン」(確かそうだったと思いますが)が1輪咲いているのを見つけました。
飾りたい場所があるので「お店に行ってくれる?」と、連れてきました。
この夏の猛暑とその後に襲った台風で、もう我が家の庭は大変なことに!
やっと咲いてくれた貴重な薔薇ですが、お店に持ってきました。

バカラのグラス「ミケランジェロ」に入れてみました。このグラスだけ底の部分に小さく窯傷があるのを見つけたので私のものにしようとよけておいたグラスです。
日差しが、細やかな植物の蔓のような曲線を浮かび上がらせて美しいです。

20181108_113156.jpg

もうすぐ若いご夫婦のもとに嫁いでいくキャビネットの上に、ルージュのオルゴールベルと共に飾りたかったのです。
扉のデザインがお花のようで、大きすぎないボール&クロウの脚が可愛くて、上品なキャビネットです。
小さな男の子が3人いるけれど、おまけに猫ちゃんが2匹いるのですが、いつもとても素敵に丁寧に暮らしている若いママNちゃんに気に入っていただいたキャビネット。
元気すぎるちびねこちゃんから、大切なアンティークの小物たちを守るために、新たにお迎えしていただくことになったのです。

20181108_114445.jpg

このお部屋はしばらく寂しくなりますが、この優しい雰囲気のキャビネットが忙しい若い家族の毎日に寄り添い、見守って、素敵な時間を作ってくれることと思います。
そんなことを思いながら写真を撮っているとNちゃんからメールが。
「今日の午後受け取りに行っていいですか」と。すぐに梱包を始めなくては!

20181108_160101.jpg

この写真の場所には、優しいオレンジ色のシュナイダーのランプがありました。
が、「アンティークは初めてです。」とおっしゃるお客様に気に入っていただき、買っていただいたのです。
「2週間程前にここでアンティークのランプに出会ってから、ずっと頭から離れなくて。」「頭が割れるほどでした!」と、一昨日の午後いらして、その場にいた皆びっくりしたり、「でもわかります。」と言ったり、私を含む居合わせた人がみんな、「この方が、納得できる大好きなランプが決まりますように」と思ったのです。

そして、「この優しいふわっとしたシェードの形が好きです。」と、シュナイダー兄弟のオレンジ色のランプに決まり、みんなわがことのようにほっとしたり喜んだり。
あのお客様に、ランプの下に敷くためにドイツのアンティークレースを1枚プレゼントすれば良かったと、あわてて梱包してお渡ししたのをちょっと悔やんでいます。また寄って頂けるといいのですが。

これからアンティークランプの灯に包まれて、アンティークのある優しい時間が始まるお客様。仕事と子育ての合間にアンティーク家具や小物で自分の心を解きほぐす時間を上手に作って過ごすお客様。
いろんな方の素敵な時間に思いをはせるひとときです。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード