FC2ブログ

ブルガリア紀行④ソフィアの蚤の市

今回はブルガリアの蚤の市からのお土産を紹介します。

20190301_124811_convert_20191210175301.jpg

普段はドイツのアンティーク市で母のお店の商品を買い付けることが多いのですが、折角ブルガリアに来たので、ソフィアの蚤の市を覗いてみました!
こんな風に、アレクサンダー・ネフスキー教会の前にある広場でかなり大きな蚤の市が開催されていました。

ヨーロッパの大きな都市では蚤の市は珍しくなく、どの国の市でも見かけるものもありますが、東欧の国では「その国ならでは」の一品に出会うことが多いようです。今回わたしたちが見つけたのは、ブルガリア刺繍!

20190301_151107_convert_20191210175437.jpg

素朴で温かい手作り刺繍と、定番のアンティークアクセサリーも、少しだけ。

ブルガリアの人々は皆陽気で親切、市や道端の路上販売の人々も皆フレンドリーに話しかけてきて、お買い物が本当に楽しかったです。「どこから来たの?」と尋ねられ、日本だというと、温かい反応を返してくれる人が沢山いて、個人的には「親日国だ」と言われるトルコよりも、日本に対して良い意味で関心を持っている人が多いように感じました。

先回紹介したリラの僧院に行く途中の山道で、手作り蜂蜜を販売していた養蜂家のおじさんなど、わたしたちがドイツ人と日本人だと言うと、「ブルガリアは枢軸側だったんだぞ!今でも日本とドイツはブルガリアの友達だ!」と目をキラキラ輝かせて語り始めました。その素朴な温かさにこちらまでちょっと感動、良い思い出になりました。

そんな親日的なブルガリアのお土産、明日11日からの母のお店のクリスマスフェアに出品します。
是非、見に来て下さいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード