FC2ブログ

神戸「北野異人館」に行ってきました!

20200126_132154s-.jpg

先日の日曜日、もうすぐドイツに帰国する娘の用事で神戸に行くことがあり、
「異人館街に回ってから帰ろうよ」と北野異人館に言って来ました。

20200128_123310s-.jpg

上の写真は「うろこの家」です。
ドイツでは時々こうした家があります。娘に聞いたら、
「私はたまたま、シュッペンハウス(うろこ家)と呼んでたけど。正式にはなんていうのかな。」
という返事。あらら、そうなのね。日本人にはこれはやはり「うろこ」ですもんね。
そしたらすぐにドイツにいるクリスにラインで聞いてくれて、
「ああいったうろこ状の壁の家を『シンデルハウス』というんだって!」
ということでした。

20200128_123250s-.jpg

クレマチスのお店に置いてた家具に似ていて、懐かしい気持ちになる家具たちにも会えました。

20200128_123620s-.jpg

「山手八番館」では座ると願いが叶うという椅子にも座ってきました。
ローマ神話の五穀豊穣の神、サターンの彫刻が施された「サターンの椅子」
「女性は向かって右ですよ。男性は向かって左です。今日は大変空いていますから、
是非座って行って下さいね。」
と案内の方に言って頂き、みんなそれぞれ座ってみました。
写真撮ってこなかったのです。忘れてました!
少し大き目のハイバックチェアでした。
座ってみると気持ちの良い座り心地。
「アンティーク家具は座り心地いいのよね」と一人でホクホクしていました。

20200128_123456s-.jpg

20200128_123143s-.jpg

20200128_123555s-.jpg

このバルーンバックチェアもクレマチスで何度も扱っているものに似ていて、
とても親近感を持ちました。
本当にいいものはいつの時代も「いいもの」ですし、大切にしたいという気持ちにさせられますよね。

20200128_123055s-.jpg

もうすぐ「ガラス製品の新着品」が届きます!
少し遅れていますので、「ひな祭り展&光の春のガラスフェア」を
2月11日火曜日からとさせて頂きたいと思います。
小さなグラスやラリックの大皿・細やかなな美しいガラスの1灯式天吊灯。
美しいスズランの愛らしい小さな花瓶など。
是非お立ち寄り頂きたいと思います。

次回は吊るし雛や吊るし飾りを配置した
艶やかなクレマチス店内の写真をお届け致します。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード