FC2ブログ

アンティークカップの話、その後のはなし

前回のアンティークカップのお話で、
「このカップ可愛い」と言っている私の友人の目の前でサラリと奪うように買って行って下さったⅠさんのエピソードで、
『シェリーのカップを自分のお家に連れて帰れなかった私の友人』がNさんです。

Nさんはこれまでも一つずつお気に入りのアンティークの品々を、出会いがあるたびに、逡巡することなくお家に連れ帰ってもらっていました。
でも、今回はあの「シェリーさん」を連れて帰れなかったのです。
「このカップ可愛いね。」と以前から言っていたのにです。
「なんか、あの小花の優しい雰囲気のカップが忘れられないんだけど。」
と、次の来店時に
「このカップもすごく可愛いいよね。このカップを連れて行こうかな。」
と言ってくれたのがこのカップでした。

jpg_main190902061751.jpg

ドレスデンの小花が愛らしいカップ&ソーサー。
今度は、私がびっくりです。
私が自分用に連れて帰ろうと思っていたカップでした。

20200305_191520s-.jpg

アンティークの品たちは、いつもいたずらをします。
「この家具素敵だけど、もう少し考えてから」
「このカップ可愛い。このカップでお茶を頂いたら素敵だけど、どうしようかな」
と、思っていらっしゃる方の目の前でサラリと別の方が買って行かれるのです。
それも、ずっと店内にあったのに、わざわざそのタイミングで。

それが、何度もです。
『これはやはり、アンティークのカップや家具たちがいたずらをしている』
と思ってしまうのです。

1583815274222s-.jpg

そして、無事にドレスデンのカップをお家に連れ帰ったNさんから
送られてきたのがこの写真です。
「お気に入りのカップを横取りしちゃって、ごめんなさい。」
という言葉と共に。
以前買って頂いたカップさん達の個性を取り結んで優しく収まっていました。

jpg_main190902061135.jpg

実は私は、このカップをお家の子にと思っていました。

それは、私が昨年末に娘の帰国時に娘のカップにしようとしまっておいたカップです。
でも娘が選んだのはこの子でした。

20200310_135217s-.jpg

jpg_main190920020634.jpg

ローゼンタールのすみれ紋のカップ&ソーサー。
たっぷりのミルクを入れた紅茶が好きな娘には確かにこのカップはピッタリです。

それでいったんは店内に出したローゼンタールでしたが、毎日眺めていて
「このカップ、実は私が好きで、娘にという名目で仕舞っていたんだ。」
と、思い至って
今日持ち帰ろうと思ったその日に
「このカップも下さいね。」と、岡崎から初めてご来店下さったお若いご夫婦が、ミューラーのランプと共に買って下さったのでした!
「それならば」と身代わりのように少し似たドレスデンのカップを持ち帰ろうと思った日に
友人のNさんが「このカップにするね」と。
本当に不思議です。
「まるで、迷っているなら嫌ですよ!」とアンティークのカップさんが意思を持って
ついて行きたいと思う方のところに行くみたいに思えるのです。

アンティークのカップを巡る小さなエピソード。
『アンティークの不思議』に思いいたり、ますますアンティークが好きになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード