FC2ブログ

九州南部の集中豪雨

20200627_135804s- - コピー


 週末に発生した、熊本県と鹿児島県での集中豪雨は数十年に一度という大変深刻で甚大な被害をもたらしました。被災された方に心よりお見舞い申し上げます。そして、今なお不安な気持ちで避難されている様子や、濁流にのみこまれた街の映像に心傷む気持ちでいっぱいです。

今回は特にこの中に親しくさせて頂いている方のご実家があると知らされて、なお一層心が痛みます。
数年前にお母様も見送られて、ご実家に住む人はないということですが、
「まだ立て替えてからそんなにたってないから、いずれ向こうで住んでもいいかなと思ってる。」
と、前日に聞いたばかりのことでした。

「片付けに行かなくちゃいけないから、しばらく寄れないわ。ごめんね。」
とお電話を頂き、ご実家の事を知りました。
「テレビの映像で実家の屋根だけが映し出されていたの。」
と。
ゆくゆくは故郷に帰るという選択肢に、「主人の知り合いもたくさんいるし」と思いをめぐらすⅠさんに
美しい故郷がある、帰って行ける場所があるっていいなあと思ったばかりのことでした。

片付けに帰ると言われるけれど、まだまだ危険な様子です。くれぐれもよくよく様子を確認してからにして頂きたいと思います。

20200706_083348s- - コピー

今朝の報道では、愛知県の豊橋でも豪雨があり、一部川の氾濫があったとか。
この頃の天候は本当に数十年に一度とかいう言葉のつくことがあまりにも多く。気を引き締めて暮らしていくしかないのですが、それでも暮らしのどこかにほっこりする場所を持ちたいと思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード