FC2ブログ

嫁いで行く家具さん達 7

20201211_213159s-.jpg

 このエレガントなパーラーキャビネットは、まだあまり皆さんに見て頂いてはいないのですが、明日嫁いで行きます。
クリスマスフェア初日に、サイズを確認されたあと
「この家具下さい。」
と、まるでお花屋さんの店先で「このお花下さい。」と数本の花束を買うように軽やかにおっしゃったお客様のところに。
とても素敵な家具だから、しばらくはクレマチス店内で、食器やフィギュアやランプを飾って楽しみたいと思っていました。

20201211_212949s-.jpg

「私、わかりますか?」とおっしゃったお客様の笑顔にマスクのお顔ではじめはわからなかったのですが、「あ、やっぱりあの方だった。」と思いながら
「はい、以前象嵌のキャビネットを買って頂いたんですよね。」と、私。
ピアノ教授をされていると伺っていました。以前お買い上げいただいた家具に施された象嵌のデザインが
「音符が並んでいるように見えるので気に入りました。」
「私、ピアノを教えているんです。」
と、そんなお話を伺っていました。

それにしても、今回のこの家具さんを一瞬で買って下さった軽やかさには驚きました。
「久しぶりにときめいた家具です。」
「葉書を見て、一目惚れしました。」
と、配送のご相談のメールで、教えて下さいました。

そうなんですね!と一人ホクホクしながらうなずく私です。
「人と人は出会い」ですが、「モノと人も出会い」です。いい出会いが私たちを育ててくれます。そして、その出会いは、「この出会いは大切にしよう」とゆっくりと胸に響いてくるものもあれば、このお客様がおっしゃる「一目惚れ」のように一瞬で虜になってしまう電撃的なものもあるのです。
大きな物、(そう、家や車や家具)でも、小さなもの(毎日使うカップやお茶碗お箸、あるいは手帳やペン)でも、私たちはいつも物を選び取って暮らしています。それは生き方を選んでいるということでもあると思うんです。

「なんでもいい」というのは、「モノを選び取っていない」という事。それは自分の暮らしを大切にしないことになると思います。
でも、迷い過ぎて選べない時も多いですよね。色々な場面で。私もたまにあります。

このお客様のようにいつも感性を磨き、自分の「好き」という感覚の根拠をわかって納得していれば、いつ「モノとのいい出会い」があってもすぐに反応できますよね。しかも落ち着いて。「後悔しないかしら」なんて思わないで。

明日嫁いで行く家具さんを磨きながらそんなことを思いました。「素敵な時間を紡いでいって下さいね。」と願いながら。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード