FC2ブログ

嫁いで行く家具さんたち 8

 ずっと正面のお部屋で、優しく佇んでいたこのインレイドキャビネットも明日嫁いで行きます。
本当に長くお店にいたので愛着もひとしおですが、明日でお別れです。

20201218_215225s-.jpg


何人も、気に入ってお考えになられたお客様はあったのですが、思ったより少しサイズが大きくて断念された方が多かったのです。

まだやんちゃ盛りの男のお子さんがいらっしゃるお宅、(そう、いつも寄って下さる方ならご存じの方も多いかと思いますが。)Nちゃんのお宅に嫁いで行きます。

ガレやドームの花瓶やヴェイユーズ、素敵なものが届くと「宜しくね。」と、このキャビネットに飾っていたのです。どんな色の花瓶やヴェイユーズでも、華やかな絵付けのお皿でも、このキャビネットに飾ると優しく収まるのです。派手な感じにしたくない私としては、とても頼りがいのある家具さんでした。

20201218_215302s-.jpg

優しい小花をリースのように表現されたトールペイントと、細いラインの象嵌がぐるりと施されています。
アンティークのガラスは現代ものと製法が違うため、表面がわずかに柔らかく波打っています。そのため、そのガラスに映る景色もわずかに波打って揺らいでいるのですが、その優しく揺らいで映る部屋の景色をみるのが、私は大好きです。
その揺らいだ景色を眺めながら、お茶を飲みたいくらいです。
我が家にもこの「ゆらゆらガラス」のパーラーキャビネットがありますが、この嫁いで行くキャビネットは背が高いので、部屋の景色をたっぷり映します。眺めていて見飽きることがありません。


明日からは、若いご家族の毎日を優しく見守って佇むのでしょう。まるで、ずっと前からそこにいたかのように。
アンティーク家具もアンティークの小物も大好きなNちゃんの、心強い相棒となってくれるはずです。

先日、県外より、このキャビネットを見にいらして下さったお客様、改めてお詫び申しあげます。
すでに予約頂いていたこの家具をSOLDに移しそびれていたのです。
本当に、申し訳ありませんでした。

多くのお客様にご来店頂いた「クリスマスフェア」もあと明日と来週の水曜日・木曜日のみとなりました。新型コロナウイルスの感染は日増しにひどくなり、出かけることもためらいます。
もし、お考えの商品についてご質問等ございましたらお気軽にお電話下さいませ。電話に出られないことも多いかと思います。その場合は、
clematis_2201tessen@yahoo.co.jp
にメールをお願い致します。

明日からさらに寒さがますようです。コロナは気になりますが、コロナに負けないためにも体調を万全に保ちたいと思います。無理をせず、ゆったりとした時間を過ごし、この大変な時期を乗り越えたいと思います。
どうぞ皆さん、心と体に良い時間をお過ごし下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード