FC2ブログ

嫁いで行く家具さん達 9

2G5A4384_LrC2s-.jpg

 この彫りが美しいドローリーフテーブルは、今月末に嫁いで行きます。
このテーブルを選んで下さったのは、今年1年生になる元気な男の子のいる若いご夫婦です。
まだ、幼稚園に入園する前のいたずら盛りのR君と共に、おっとりとした柔らかな雰囲気のHさんがクレマチスを訪れて下さってからもう4年近くになります。
あの頃は、良く動き回る元気なR君を追いかけるのに一生懸命で、「なかなかゆっくり見られないです。一人で来なければ無理です。」とおっしゃっていたHさんです。が、久しぶりにママと来てくれたR君はほっそりと背も伸びて、凛々しい少年になっていて、「こんにちは!」とニッコリ。
「まぁ!ずいぶん背が伸びて。」と、こちらはばーばの気分で、嬉しくなってしまいました。
2G5A4388_LrC2s-.jpg

天板を左右に広げることが出来るドローリーフテーブルは、普段は閉じて中央のテーブルのサイズで使用し、来客時に人数に合わせて、片側だけ引き出したり、両サイド引き出して広く使用したりできる便利なテーブルです。
ヴァルボスの脚は美しくて全体にどっしりとしているのでぐらつくこともなく安心です。
ですが、アンティーク家具のこの美しい木目や、透明感のある美しい艶は魅力であると同時にちょっと厄介な面もあるのです。
無垢材をなんども何度もニスを塗ってはペーパーを当てて表面を仕上げて行くのですが、この昔から使用されているニスは水分に弱いという特徴ががあります。
それで、私としてはテーブルをお買い上げ下さるお客様がお若い家族の場合は特にあれこれ説明させていただくのです。
「水分にはお気をつけ下さいね。濡れたままにしておくとニスが白く変色してしまいます。」
「はい、濡れたものは置かないのね。」
「湯呑やマグカップも熱いと白い輪ジミが出来てしまいます。」
「はい、布のソーサーをつくろうかな。」
といった会話のあと、
「やはり、これ買います。」
と決めて下さって、(しつこくてごめんなさい)ほっとするのです。

20210219_121041s-.jpg

20210219_121008s-.jpg


今回、このテーブルにはセットの椅子はなくてテーブルのみで入荷していましたから、Hさんはこのハイバックチェア2脚を合わせることに。午後の陽ざしの中で撮影しましたので(単に写真を撮るのが下手なのですが)優しい桃色のモリスの生地の色が上手く出ませんでしたけれど。
「背もたれが高くてどっしりしてシンプルなのがいいです。」
と、Hさんは迷わず決めていらして、ご自分の決定に満足そうに微笑んでいらっしゃいました。

20210220_123913s-.jpg


これからこのテーブルを囲んで、Hさんご夫婦とR君の新居での楽しい暮らしが始まります。
まだ小さな育ち盛りのお子さんのいらっしゃるお宅ですから、慌ただしい毎日だとは思います。ですが、あのドローリーフテーブルを選んで下さったHさんです、毎日を丁寧に暮らして行かれるのでしょう。
若いHさんご家族に幸多かれと願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード