FC2ブログ

「からくり人形」をご存じですか

 「からくり人形」をご存じですか?調べてみると
「茶運び人形」・「酒買人形」・「人力飛行機」・「弓引き童子」など様々なからくり人形が江戸時代に製作されていた事。このことから江戸時代は機械工学の時代と言う事ができるとありました。
からくり人形は機械工学の分野であるらしいのです。

友人のKi子さんから
「うちの主人がからくり人形の「茶運び人形」を作るって言ってる。」
と聞いたのは2年程前でしょうか。

初めに木のくりぬきの猫ちゃんや動く木のおもちゃが製作され、それを見た私たちが「欲しいな。」と言い出して、何個も何個も動くワンコちゃんや鳥たちを作って頂きました。

20210321_105106s-.jpg

20210321_145835s-.jpg

それから、年の変わる時期には干支の可愛い置物が出来て。ピッタリはまる「ネズミ」も「牛」もとても素朴で可愛いくて、又またお願いして何個も作って頂きました。

20210321_105757s-.jpg

20210321_110244s-.jpg

そして先日、Ki子さんからラインが来ました。
「茶運び人形が完成しました。
まだ、動くのを見せてもらってないけど、ちょっとびっくりの出来だから見て!
顔も手も足も、着物も袴も一人で作ってました。途中経過を見てなかったからびっくりです。」と。

20210321_123644s-.jpg

20210321_123625s-.jpg

20210321_123552s-.jpg

届いた写真を見て私は「ちょっと」どころか、凄くびっくりです。

「『茶運び人形作る』と言い出した時は、途中であきらめるだろうと思ってたんです。」
「顔を彫って、胡粉を塗って、歯車を削って、着物の材料を買って縫って、…気が遠くなりそうだけど、諦めなかったね。時間かかったけど、楽しんでたのが凄いな!と思います。」
とKi子さん。
「私は一切手伝わなかったけど、着物と袴とちゃんちゃんこが出来上がった時は脱帽でした。」
とも、言ってました。
Ki子さんは、「古布の布遊び」のグループに入っていて、いつも手縫いの作品を作っています。だからそんな奥さんであるKi子さんにご主人が「着物を縫ってくれないかな。」と一度聞いたそうなのです。でも「最後まで自分でやらなくちゃ。」と、間髪入れずに断ったと聞いてました。

20210321_123657s-.jpg

20210321_123610s-.jpg

そうして、出来上がったこの茶運び人形。凄く完成度が高くて、改めて驚いています。

そして、Ki子さんご夫婦の、ライバル同志のような関係にちょっと新鮮な驚きも感じています。同じスポーツをしていたり、同じ物を作ったりというのではないけれど、お互い好きな事をやって、そして認め合ってるのがいいな。と思うのです。Ki子さんの「布の作品作り」を認めているからご主人は「縫ってくれないかな」とちょっと、聞いてみたのだし、間髪入れずに「自分でやったら」と断ったのも彼女らしい。そして、ご主人の完成した作品を心から認めて褒めている彼女。
「なんだかいいなあ」と、この茶運び人形のするっと綺麗な顔を見ながら温かな気持ちになっています。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード