FC2ブログ

一人になる時間

20210415_182101s-.jpg

 一日の中のほんのひと時、一人でぼーっとする時間が持てるのはとても幸せであり大切なことです。
本を読む・あるいは手編みや刺繡や何か好きな手仕事をするとかでもなく、(尤も、私は残念ですが友人たちのように編み物や縫物が得意ではないのですが。)「ぼんやりと時を過ごす」のはとても心休まる時間です。

20210416_074217s-.jpg

朝ほんの少し早く起きて、ぼんやりと窓の外を眺めます。
「ムクゲが新芽を出してきた。」「紫陽花の葉が一斉に伸びだした。」「もう薔薇の蕾が開きそう。」
など、ぼんやりと眺めます。

20210416_073633s-.jpg

そんな時、心に栄養が回っている気がします。
庭から部屋に視線を移し、好きなものが収めてあるキャビネットを見て、またほっこりと優しい気持ちになります。
「好きなものが身近にあるという小さな幸せ」。これもまた、心の栄養になっています。

20210416_145809s-.jpg


「またボーダーガーデン(実際には小さな奥行のない花壇コーナーですが。)の雑草が伸びだした。」
「庭のあちこちで咲き出したイングリッシュブルーベルを少し切って飾ろうかな。」
などと思っているうちに時間はどんどん過ぎて、慌ただしい朝のあれこれを済ませて、実家の母のところに行く時間が来てしまいます。
「毎朝来てくれなくてもいいからね。」と言いつつも、毎日待っているであろう母の所に、スープなどを持って行き始めて1年と少したちました。立ち上がれなかった母が、一人で車椅子に移れる程まで回復し、忘れる事が多々あるとは言え(こちらも忘れる事が多くて母と笑いあう事も)、会話も弾むようになってきたことはとてもありがたいです。

20210415_182133s-.jpg

母を支えること、母が元気を取り戻すことは、私の励みでもありますがどこかしら負担にもなっているようです。そんな時は特に早く起きて「自分をもてなす時間」を作ります。何もしないけれど、心が満たされる時間を自分に与えます。
自分のためだけに好きな紅茶をゆっくりと頂くこともあります。
忙しい時・考えなければいけないことがいっぱいな時。心がざらつく時。「自分をもてなす時間」を作ります。その分時間が押してくることも。ですが、「よし!」と立ち上がることができます。
さあ、今日も母のところに行ってきます。「ごめんね。今日は少し遅くなっちゃったね。」と言って。
sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード