FC2ブログ

リューディングハウゼンの街

ママのお店の方はホームページが工事中で大変そうですね。がんばれ、ママ!

わたしたちは、先週久しぶりにちょっと温かかったので、近くのリューディングハウゼンという街に行ってきました。わたしたちの住んでいるところからバスで20分くらいの小さな街ですが、お城が三つもあり、また、昔ながらの街並みや修道院、教会付属の名門校などもあり、典型的なドイツの田舎町です。

街の真ん中に、こんな古い水車小屋があるような、のどかな街です。

CIMG1208_convert_20100919065504[1]

この水車小屋の裏にある、菩提樹の並木道を通り抜け、徒歩で10くらいのところに一つ目のお城があります。

CIMG1221_convert_20100919071124[1]

結構本格的な中世のお城で、お城の中にはレストランがあります。ドイツのこういう小さなお城はたいていそうですが、このお城レストランを貸し切って結婚パーティーをすることができます。そろそろドイツで念願の教会式を…と思っているので、ついついそっちに目が行ってしまいます。そんなこと書いてると、「あれ、あなたたち夫婦じゃなかったの?」って言われそうですが、ちゃんと結婚して、式も挙げてますよ!ドイツでは、日本で言う「婚姻届」を提出するために、市庁舎で人前式を行うことになっているのです。日本では、買い物ついでにさっと書類を提出して「ハイ、終わり。」の婚姻届ですが、ドイツでは市庁舎のセレモニーホールに両家の家族・親せき一同集まって、市の係官が取り仕切る人前式を行わないと受け付けてもらえないのです。なので、厳密には、キリスト教徒のドイツ人は、市庁舎での人前式と、教会での教会式と、結婚式を二回挙げることになるのです。

さて、ドイツの結婚式事情についてはこれくらいにして、次のお城です。

CIMG1226_convert_20100919070921[1]

このお城では、ちょうど地元の劇団が野外オペラを演じていて、わかりにくいですがかなりの人だかり。お陰で中には入れませんでしたが、思いがけず、アマチュア野外オペラを観劇することができました。ちなみにこの日はたまたま連日の悪天候がウソのような秋晴れでしたが、彼らはラッキーだったと思います。この後、一日たりとも丸一日雨が降らなかった日は訪れていません。おまけに気温もどんどん下がり、道行く人たちもみんなすっかり冬の装備です。

ちなみに、三番目のお城の写真がありませんが、実はこの第三の城、なんと現在ではごく普通のアパートとして賃貸され、人が住んでいて写真が撮れませんでした…というオチ。
お城アパートだからって、高級マンションではありません。家賃はごく普通、むしろ設備が古いので安いくらいなんだとか。かつて城の庭園だった場所はアパート住人の駐車場になってるし、なんだか諸行無常なオチですね。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード