FC2ブログ

アーヘンの街

先週、わたしたちが住んでいるミュンスターと同じ州にある街、アーヘンにちょっとした日帰り旅行に行ってきました。もちろん、クリスも一緒です。小さな街なんですが、実はこの街、世界遺産が二つもあるんです。街の中心部にある大聖堂と、ゴシック様式の市庁舎です。

こちらがその大聖堂。
CIMG1280_convert_20100928042537[1]
創建したのは、1200年前にこの街を創始した中世ヨーロッパの支配者、フランク王国のカール大帝です。以後、30人の神聖ローマ皇帝がこの教会で戴冠式を行いました。

CIMG1276_convert_20100928042241[1]
教会の中は、大迫力のステンドグラスと圧巻のモザイク壁画で覆われています。

周辺の街並みもなかなか素敵です。
CIMG1268_convert_20100928041202[1]

CIMG1269_convert_20100928041504[1]

この教会の裏に、もう一つの世界遺産、ゴシック様式の市庁舎があります。
CIMG1282_convert_20100928042829[1]
ここは、14世紀にカロリング朝の皇帝居城として建てられました。
以前、「ドイツでは婚姻届を出すのに市庁舎(市役所)で人前式を執り行わないと受理してもらえない」と書きましたが、「市役所で人前式なんて、できるの?」と思われたかもしれません。でも、ドイツの市庁舎って、こんなふうに街で一番綺麗で由緒正しい建物だったりするのです。

室内はこんな感じ
CIMG1291_convert_20100928043222[1]

こちらはカロリング朝皇帝の剣と冠の複製。帝国の象徴である林檎の勲章と、カロリンガー貴族の筆跡も残っています。
CIMG1296_convert_20100928043603[1]

アーヘンの街、小さな街ですが、フランク王国の香りのせいか、どことなく、ドイツの街でありながらベルギー・フランスの雰囲気も漂っています。
実は、「週末この街に行ってみよう!」と思い付いたとき、世界遺産があるなんて知りませんでした。ただ、なんとなく近くでちょっと綺麗な街らしいから行ってみよう!ということになったのですが、鈍行電車が遅れに遅れて片道3時間半の長旅に。おまけに近くで過激派のデモまであって、かなり不穏な雰囲気。クリスと相談して、何度も途中で中継地点のケルンまで引き返そうかと思ったのですが、目と鼻の先まで来て引き返すのも…と、なんとかアーヘン中央駅まで辿りつきました。

そして、デモを警戒する警官隊で溢れる不穏な駅前の風景が、徐々にヨーロッパ各地からの旅行客に溢れるのどかな観光地の風景に変わりだし、ついに大聖堂の巨大なドームが視界にに開けた時、道中の苦労は吹っ飛んでしまいました。街の歴史と大聖堂の由来についてはなんとなく知っていたのですが、それにしても小さな街に似つかわしくないこのただならぬ風格…と思ったら、なんと世界遺産でした。
そんな発見の喜びも、クリスと一緒の旅だと二倍になります。なんだかんだ言ってわたしたち、結構いろいろ旅行しているのですが、夫婦一緒だと、旅を通してお互いの新しい面を発見したり、非日常の中で二人の絆を改めて強く感じたり、そういう発見があるから、また旅をしたくなるんですよね。 その辺りが、夫婦の旅の魅力なのかもしれません。

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード