ドイツからの荷物届きました

2G5A7905_s.jpg

 ドイツの娘から荷物が届きました!
アンティークアクセサリーとプロバンスで見つけたラベンダーの製品あれこれです。

アクセサリーはいつものドイツミュンスターの夏限定のアンティーク市場で買い付けてくれたものです。今回はペンダントトップ10点。どれも淡い美しい色で、台座も一つ一つ凝っていて可愛くて、見ているだけで楽しいです。

ラベンダーの製品は色々ありますよ。敏感肌の娘が、今ドイツで使っていてとても気に入っていると先日も電話で言ってました。
可愛い小さな缶にハート型の石鹸とオイルが入っているものが可愛くて、私はとても気に入りました。ちょっとしたプレゼントにもいいのではないかしら。

2G5A8012s.jpg

明日6日水曜日から見て頂けます。

『ハウルの動く城』ドイツ語版

ママが先回の記事でお知らせしましたが、クレマチスは8月31日木曜日~9月4日月曜日までお休みです。休みすぎ??いえいえ、年間有給休暇が六週間あるドイツから見ると、まだまだですよwゆっくり羽を伸ばして来てね!

ということで、再びドイツからの更新です。

20170726_110007_convert_20170831062502.jpg

こちらは今年の夏の休暇で再び訪れたアルザスの村、リクヴィールですが、『ハウルの動く城』のモデルとなった街だと思うと、映画をもう一度見たくなりました。

20170830_221840_convert_20170831063029.jpg

『ハウルの動く城』ドイツ語版がこちら。タイトルは『Das wandelnde Schloss』、直訳すると、「彷徨える城」となります。この映画、ドイツでは「六歳以上対象」となっています。因みに同じジブリ映画の『もののけ姫』と『風の谷のナウシカ』は「R12指定」です。ドイツは真昼間から「大人の玩具」やコ〇ドームの宣伝をしていたり、夜の一定の時刻を過ぎるとアダルト関連のコマーシャルを無修正で放映していたり、そういう面に関しては「おおらか」なんですが、「暴力表現」に関する規制は厳しいようです。派手な流血シーンがある映画はメジャーなアクション・スリラーでも「R16指定」。夜の10時以降にならないと放映されません。おまけにかなりカットされてます。更に性暴力とナチスや人種差別に関する詳細で残虐な描写が加わると「R18指定」になるようです。

さて、『ハウル』のドイツ語版の感想ですが…ハウルがめちゃヨーロピアンな紳士でびっくりしました。原語版のハウルは確か「子供のまま大人になった、我儘で傍若無人だけど純真な男」という設定だったと思うのですが、ドイツ語版では「意気地なしで女々しいけど紳士で優しい男」になってました。以前、アナ雪の記事を書いた時にも思ったのですが、アニメ映画の吹き替えって、実写映画以上に色々とその言語に合わせて設定を変化させることができるようです。で、作品の雰囲気を壊さない程度に、その言語圏の視聴者が受け入れやすいよう、輸入元が翻訳・吹き替えで調整しているのじゃないかな…と。

確かに原語版のハウルをそのまま直訳しただけではヨーロッパの視聴者にはハウルの魅力が伝わりにくいようにも思います。ドイツ語版のハウルは、いかにも「あー、こういう男、フランス人にいそうだわw」というリアリティのある人物像に仕上がっています。で、確かにソフィーの故郷の街がリクヴィールだとすると、舞台は本当にフランスだし、ハウルはフランス人、少なくともフランス文化圏の男ということになりますね。

20170726_115018_convert_20170831062704.jpg

個人的にはソフィーの故郷はリクヴィールよりもコルマールやリボーヴィレなんじゃないかと思うのですが…でも、「アルザスの街だ!」と意識して見ると、映画の見え方もまた変わってきます。冒頭のシーンで兵隊に声をかけられたソフィーが「この街の娘?」と言われてかなりおびえて引いていますが、ソフィーが容姿にコンプレックスのある奥手でナイーヴな少女だという設定を考え合わせても、自国の兵隊たちにここまで疎外感を感じている理由、「アルザスの街だ」と思えば納得です。普仏戦争でドイツ領となるまでフランス領だったアルザスですが、住んでいたのはドイツ語の方言を話すドイツ系の人々だったはずなので、フランス軍に疎外感を感じていたとしても不思議ではありません。
…とすると、作中に出てくる戦争とは、普仏戦争のこと?…その辺りは史実とフィクションが交錯する所ですね。

CIMG5754_convert_20170831055613.jpg

こんな感じの袋小路じゃなかったでしたっけ?ソフィーが兵隊たちに声をかけられ、ハウルと初めて出会ったのは…。

地理的にも、「ソフィーの街はアルザスの街」と思ってみると、辻褄が合っているように感じます。呪いで姿を変えられ、街を去るソフィーが郊外の村で「この先は魔女や魔法使いしかいない荒地だよ」と告げられますが、確かに、アルザスからドイツ国境を背にして南に向かうと本当に「魔女や魔法使いしかいないような」荒地が延々と広がっています。実は、わたしたちがプロヴァンスからの帰り道に遭遇した「怪異村」は、その荒地を更に南進した「何もない場所」にあるのです。で、ドイツ語版の『ハウル』では、この「荒地」や「荒地の魔女」の荒地は「Niemandsland」と訳されているのですが、これ、直訳すると「何もない場所」という意味なのです!

ドイツ語版、よくできてる!と思うのはわたしだけでしょうか。。

実際にアルザスから「何もない場所」を通り、怪異村方面に行かずにほんの少し進路を東に逸らすと…こんな風景が現れます。

CIMG5925_convert_20170831073444.jpg

『ハウルの動く城』でも、荒地の向こうに氷河をいただく険しい山並みが描かれていますね。
そして、ついにこんな場所に辿り着きます!

CIMG5937_convert_20170831073223.jpg

「星の湖!」は『ハウル』の作中の呼び名ですが、どこだかわかりますか?
スイスですよ!
アルザスはスイスにも近いんです。

…で、思いついちゃった!
今度ママたちがこっちに遊びに来てくれたら、『ハウル』ツアーを敢行!!
わたしが「ソフィーの街」有力候補だと(勝手に)思うリボーヴィレの古民家を貸切ってソフィーの暮らしを体験!その後南東に進路を取って、「荒地」の風景を楽しみながらスイスの湖水地方へ!最終的には映画に出てきた「王都」の宮殿のような、丘の上のお城に宿泊です。

完全にわたしの趣味??でももう予約しちゃった!
ママとパパ、来てね!

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

お休みのお知らせ

8月のお盆休みを長く頂いたばかりで申し訳ないのですが、

8月31日木曜日~9月4日月曜日までお休みさせて頂きたいと思います。

DSC03940.jpg

DSC03954.jpg

家具をご予約のお客様、お問合せのお客様、こちらまでご連絡下さい。お返事させていただきます。
  080-3623-5225   近藤まで。宜しくお願い致します。

ダベンポート大佐のダベンポートデスク

皆様、遅ればせながら残暑お見舞い申し上げます。久しぶりに日本からの更新です。
この夏、関東や東北では記録的に降雨が続き、数日前からの晴天がようやく夏の陽ざしを運んできたようです。ですが、幸いなことに(!)ここ中部地方、特になぜか刈谷では、雨はあまり降らず連日の蒸し暑さに滅入っておりました。
 そこに、「夏でも肌寒い」ドイツから「閲覧注意」付きの涼感たっぷりのブログが届き、いろんな意味で皆さんに好評だったようです!

今回は、アンティークでしかまず出会うことはないと思われる珍しい家具をご紹介したいと思います。
2G5A7427_.jpg


「ダベンポート大佐が考案した」とも「ダベンポート大佐のために製作された」とも言われている「ダベンポートデスク」。

これ以上は無理と思われるほどにコンパクトなサイズながら収納は見事に確保されています。奥行ある4段の引き出しと高さを確保した横幅いっぱいに作られている収納スペース。
写真ではわからないのですが、引き出しの反対側の左にもそっくりな引き出しが作られていて、それはダミーです。

2G5A7438_.jpg

こんなに無駄なく計算されたデザインと上質な無垢のマホガニー材と真鍮のおしゃれな持ち手のブラリ。今では経年の味のある茶の革張りのデスク部分。

美しい彫りや丁寧に施された象嵌もアンティーク家具の魅力ですし、私はたっぷり彫りを施されたアンティーク家具がとても好きです。コツコツと手作業で掘られたであろうその彫りを指でたどるのが好きです。左右が少しずつ違っていたり、扉の彫りのデザインがあえて変えてあったり、それを見つけるのも楽しいのです。
でもこの家具は特別。
このコンパクトでしかも重厚なデスク。どんな経緯でこのデザインが考案されたのでしょうか。自分のためだけにこのデスクを作らせたダベンポート大佐。どんな人物だったのでしょうか。
私はこのデスクを見た時日本の船箪笥を思い出しました。コンパクトで厚い無垢板のしっかりした作り、そして上質な飾りや頑丈な錠前のあの江戸時代の船箪笥です。このデスクも船の中で使われたのでは?と思ったのです。

そして、昨日娘との電話の中でそんな話をしてみましたら、なんと
「あ、このタイプのデスクドイツでも見たよ。ドイツでは【イギリス式海軍デスク】と呼んでるよ」
と言うのです。なんと、そのままズバリ呼び名になっていたんです!合理的なドイツ人が付けたなんともわかりやすい名前!では、【ダベンポートデスク】はイギリス人が付けた名前でしょうか。云われを聞いた私たち日本人が付けた名前なのでしょうか。
あれこれ想像をめぐらす楽しいデスクであることには変わりありません。

ドイツ人にとってのアルザス地方

フランスの怪異村を後にして、ようやく辿り着いたアルザス地方、見慣れた景色にほっとしました。何がほっとするかって、アルザスの風景はもう、殆どドイツだからです。「ドイツ国境はすぐそこ」だということを実感します。

20170726_115829_convert_20170821053800.jpg

これはアルザス地方のリボーヴィレという街の市庁舎ですが、バルコニーのフランス国旗がなければ西南ドイツの街だと言われてもわかりません。

アルザスにはこれまで何度も来ていて、こちらのブログにも2014年のアルザス旅行の記事があります。「フランス旅行」カテゴリの中にあると思います。そちらでも触れましたが、アルザスは元々現在のドイツに当たる神聖ローマ帝国領として発展してきた地域ですが、17世紀頃にフランスが勢力を拡大、18世紀には完全にフランスの支配下とされます。ところが1871年に、同年にドイツ統一を成し遂げるプロイセンがフランスを破ると、再びアルザスはドイツ領となります。その後、二度の世界大戦で、フランスに支配されたり、ドイツに奪い返されたり…最終的には1944年のドイツ軍の敗走によりフランス領となって現在に至ります。

IMG_2155_convert_20170821064615.jpg

上の写真は2014年の旅行記でも紹介したコルマール。怪異村から走り続けることほぼ一晩、最初に辿り着いたアルザスの街です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、クリスは偶然にもトミー・ヒルフィガーのドイツ国旗の付いたポロシャツを着ています。アルザスではちょっと挑発的だったかもしれませんw

20170726_110127_convert_20170821070948.jpg

こちらも2014年に訪れているリクヴィール。今回も寄ってみました。

20170726_111411_convert_20170821070456.jpg

ボーイスカウトがなんだか絵になってますね。

コルマールやリクヴィールといったアルザスの小さな街や村は、日本でも「ハウルの動く城」の舞台と言われるほど、可愛らしく、メルヘンチックな美しい街並みが有名です。特にこのリクヴィールはフランスで最も美しい村とも言われています。
日本から観光に来れば、きっと感動すること間違いなし!…なのですが、クリスはいつ来てもなんだか複雑な気分になるようです。

IMG_2163_convert_20170821070646.jpg

例えばこの木組みの家々、リクヴィールの街並みですが、日本人が京都の町屋を見て「典型的な日本家屋だ」と思うようにクリスはこれを見て「典型的なドイツの家だ」と思うようです。

IMG_2162_convert_20170821072414.jpg

また、リクヴィールの街で観光客向けに売られているハート型のこの食べ物、ブレッツェルという南ドイツのパンです。日本人がたこ焼きを見て「典型的な日本の食べ物だ」と思ったり大阪を思い浮かべたりするように、クリスはこれを見て「典型的なドイツの食べ物だ」と思ったりバイエルンを思い浮かべたりするようです。

IMG_2159_convert_20170821072530.jpg

この真ん中のステム(脚)の部分が緑色になっているグラスを見たクリスが唖然としていましたが、これはドイツではライン地方特有のワイングラスとして知られています。わたしが「アルザス特産品て書いてあるよ!」と言うと、「なんだって!?パクリだろ、パクリ!これはドイツのものだ!」とクリス。

20170726_111259_convert_20170821073903.jpg

極め付けがこれ。「WINSTUBってなんだよ!?WEINSTUBE(ワイン処)だろ!!」とクリス。これは例えていうなら日本人が海外で「Geisha Bar」という看板を見て「インチキだろ!」と思う感覚に近いかもしれません。

20170726_112444_convert_20170821081226.jpg

こうしたブドウ畑なんかも典型的なアルザスの風景なんでしょうが、これもそのままドイツのライン地方の風景だと言われてもわかりません。道端にはあちこちに「Riesling」という看板が出ていますが、Rieslingとはドイツの代表的なワイン品種です。「で、ここでとれたRieslingを“フランスワイン”と銘打って売ってるんだろ、詐欺だろ、詐欺!」とクリス。

こうしたことは、この地域がかつてドイツ語圏に属していたことを如実に物語っています。わたしは純粋に興味深いと思うのですが、隣を歩いているクリスを見ると何やら機嫌を損ねているようなので「可愛い街じゃない!素直に楽しめばいいじゃない。」と言うと、「あのね、例えば韓国の有名観光地に行ってみたら、素敵だって評判の街並みは全部日本家屋で歴史的建造物は全部日本の伝統的建築様式そのもの、“特産品”とか言って売られているものは全て日本の伝統工芸品、おまけにハングルで“SAKE”と書かれた日本酒が“韓国酒の一種”として売られている、そういう光景を思い浮かべてみてよ。その街を築いたのも、産業を築いたのも、暮らしていたのも、明らかに日本人なのに、現在そこに住んでいる人間は残らず韓国語を話していて、君が日本語で話していると不愉快そうにジローっと見てくる、日本人が築いた街で日本食と日本酒と日本の伝統工芸品を“韓国特産”だと言って観光客に売りつけて、現在の住人である韓国人が金儲けしている、そんな街があったらどう思う?素直に“素敵な街!”なんて思える?」とクリス。

…なるほど。。日本人の北方領土に対する気持ちに近いような感情ですね。
勿論これはクリスの個人的な感情ですので全てのドイツ人がこう思っているというわけでは決してないでしょうが、クリスもわたしとアルザスを訪れるのはこれで三回目か四回目ですが、こうした感情を吐露したのは初めてです。これは妻であるわたしにだけ打ち明けるような、秘められた心の奥底の深い感情なのだと思います。

20170726_114609_convert_20170821082008.jpg

不貞腐れ気味のクリスを説得し、まだ行ったことのなかったアルザスの街、リボーヴィレを訪れてみました。

20170726_115511_convert_20170821082139.jpg

本当にドイツの街にそっくりですね。

20170726_115924_convert_20170821082407.jpg

フランクフルトにもこんな一角がありますね。

20170726_120130_convert_20170821082548.jpg

アルザス地方と言うと、日本でもフランス人作家アルフォンス・ドーテの祖国愛短編小説「最後の授業」が公立学校の歴史の授業で取り上げられたりなどして「ドイツに侵略・占領され、奪われてしまったが、第二次世界大戦の勝利によってフランスに取り戻され、ハッピーエンドを迎えたフランスの一地方」というイメージが強いかと思います。

20170726_120437_convert_20170821082643.jpg

確かに中心都市のストラスブールはフランス的なきらびやかさのある街ですが、リクヴィール、コルマール、そしてこのリボーヴィレのような小都市や村などは、ドイツ文化の影響が非常に色濃く残っていて、まさにこの記事の一枚目の写真が象徴するように「ドイツの地方小都市にフランスの国旗を取り付けた」感がしなくもないです。

20170726_120817_convert_20170821082844.jpg

家々の表札を見てもドイツ系の名前ばかりだし、地元の人たちの顔つきも、クリスに言わせれば「フランス語をしゃべっているだけで全くのドイツ人」です。上述のドーテの小説は、プロイセンに支配されることになったアルザスの小学校で、フランス語の授業を禁じられたフランス語の先生が、最後の授業で黒板にフランス語で「フランス万歳!」と書いて授業を締めくくるという感動のストーリーですが、クリスは直感的に「ここに住んでいたドイツ人に“今日からお前たちはフランス人だからフランス語を話せ!”と言って洗脳したんだろ」なんて言っていました。ドーテが聞いたら怒りのあまり卒倒しそうです。

でも、肝心のアルザスの人々はどう思っているのでしょうか。

クリスが「ドイツ語の劣化版」のように感じた「WINSTUB」は実はアルザス語というこの地方独特の言語です。これはフランス語とは全く違う言語で、言語学的には南ドイツ語の方言であるアレマン語に属する低地アレマン語の一枝葉となります。つまり平たく言えばドイツ語の一種ということになりますが、クリスが「インチキドイツ語」と感じてしまうほど、ドイツ語であってドイツ語でない、つまり標準ドイツ語とは一線を画す独自の言語と言った方がいいかもしれません。

このアルザス語が象徴するように、アルザスの文化は独仏の融合のようにみえて、本質的にはフランス文化ともドイツ文化とも一線を画す、独自の文化なのではないでしょうか。ドイツ人のクリスが「これはドイツのものだ!」としか思えないようなアルザスの風物は、この地域が文化的にはドイツ語圏に属していることを物語っていますが、ワイングラスに「アルザス特産品」とわざわざ書くほど、彼らはドイツ語圏とは一線を画そうとしているし、また、ワイン品種をcépageとフランス語で呼ばずにRieslingとわざわざ呼ぶほどフランス語圏とも一線を画そうとしているようにも見受けられます。そして、わたしが現在のアルザスの人々と接していて感じるのは、「我々はドイツ人でもフランス人でもなくアルザス人だ」というような意識です。

20170726_115613_convert_20170821082307.jpg

この可愛らしい建物はホテルのようです。
ドイツ人もフランス人も、この地域に関しては今でも複雑な気持ちを抱いているのかもしれませんが、日本人にとっては絵に描いたような美しいヨーロッパの風景が広がっています。

20170726_120555_convert_20170821082744.jpg

こちらの建物もホテルのようですが、もしもママたちがいつかアルザスに一緒に行きたいといってくれたら、こういう所に泊まるのもいいかもしれませんね。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

sidetitleプロフィールsidetitle

クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)

Author:クレマチ店主(母)/アコ(娘)+クリス(娘婿)
はじめまして!
アンティークショップ「クレマチス」(http://antique-clematis.sakura.ne.jp)店主の娘、アコです。

日本の古いものは大切に、でも、新しいもの・異質なものも寛容に受け入れる…そんな母の元、小さいころから日本舞踊を習い、現「クレマチス」店舗である祖母の古い日本家屋で、着物や日本の古いものにたくさん触れる一方、ピアノや外国語を習わせてもらったり、父の趣味であるクラッシック音楽や西洋美術を身近に触れる日々を送ってきました。

そんな両親の教育が功を奏し…いや、仇となり(?)、実生活にはあまり役に立たない比較文化分野で大学に居残り、これまたあまり役に立たないドイツ語だけペラペラに。おまけに語学を通して若くてイケメンな(笑)ドイツ人の夫と出会ってしまい、海外に嫁ぐという親不孝っぷり。

そんな娘を、ずっと温かく見守ってくれていた母。そんな母が、「古いものを大切にする喜びを、少しでも多くの人と分かち合いたい」という純粋な気持ちで、亡き祖母の家で始めた小さなアンティークショップ。元々、ずっと苦楽を共にした姑である祖母の家を、大好きなアンティークに囲まれた素敵な空間にしたい…という素朴な思いから始めたこのお店が、あれよあれよという間にいろいろなご縁を引き寄せて、母はいつの間にか、昔夢見たアンティークショップの店主になってました。

「古き良きものに洋の東西はない。和と洋は、互いを引き立て合う良きパートナーになれる!」…母が「クレマチス」で体現している価値観は、わたしたち夫婦のモットーでもあります。

このブログでは、そんな母と二人三脚で、「クレマチス」のお店の情報と併せてドイツの生活・風物について少しずつ紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード